FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



黄金比カクテル
星の数ほどあると言われるカクテル。
そんな中でも「スタンダード」と言われるカクテルがあります。

クラシックやジャズでもそうですが、永い歴史の中で変わる事なく
現在まで受け継がれているのがスタンダードなのです。

私個人の考えで恐縮なのですが・・
特に、ショートなら「サイドカー」「ギムレット」
ロングなら「ジンフィズ」「ジントニック」などは
計算し尽くされた「黄金比率」で形成されています。
(勿論、マティーニ、マンハッタンもそうですが)
主となるベースの酒と甘味、酸味のバランスの良さは抜群です!(これぞ、ザ・スタンダード!)

私は地元ではあまりバーには行きませんが
お恥ずかしい話し、カクテルのレパートリーは片手で足りるほどで(^^ゞ

ですから、拘りを感じる店では、間違いなく「ジンフィズ」から始まり
「サイドカー」で〆るのが定番です。

どちらもシンプルなレシピなんですが、だからこそ「黄金比率」の素晴らしさが際立ちます。
本当に考案した人は天才だと思いますね~!
全てのカクテルのルーツと言っても過言ではないでしょう。


先日、某バーで、バーテンダー経験のある知人と遭遇しました。
いつもの様に〆のサイドカーをオーダーすると・・

「僕は一度もジンフィズとサイドカーは頼んだ事がないんです・・
 なんかバーテンダーを試しているみたいで・・」と彼は言っていました。

確かに、バーテンダーの力量を測るカクテルとも言えます。

私はバーテンダーの仕事を20年以上やっていますが
今現在でも、基本的にお客様に「試されている」という意識を持っています。
勿論、良い意味ですが・・ 

茶道のお点前と同じ。

例え、水割りのオーダーであっても、お客様の数だけレシピがあると思うからです。
「一期一会」とはそういう事だと思います。

何だか、試し試され・・って穏やかじゃないですけど。
だから、水割りもマティーニも同じくらい緊張するんですョ・・未だに(>_<)
その緊張感も決して悪い事じゃないんです。

茶の湯では「主客相互の心得」といって、
もてなす側もお客様もお互いに敬意を払いましょう・・という事です。

グラスを選ぶのも、苦味が出ない様にレモンを搾り、タンサンが飛ばないよう
静かに注ぎ、丁寧にステアするのも全てお客様の為・・もてなしの心です。

客としてバーを訪れる際には、そうした想いに応えられる呑み手でありたいと思っています。
「バーテンダーなのだから呑み手の模範であれ・・」と己を律して。。

貴方の「黄金比カクテル」見つけて下さい(^O^)/




スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://laroche.blog66.fc2.com/tb.php/974-44c919a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)