FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Good-Bar巡り【横浜・関内エリア編】
関内に着いたのは、予定通り17:30でした。
真っ先に向かったのはリッチモンドホテル側の
横浜を代表する名店【舶来酒場らんぷ】だ。
bar-lamp.jpg

オーナーの金子さんは、数年前、当店が業界誌に掲載されたのをきっかけに
お客様をご紹介して下さったりと、色々お世話になっていて
ちゃんとご挨拶しなければ・・と、ずっと気になっていました。
今回の横浜行きの一番の目的でした。

重厚な扉を開けると、白いジャケットを着た若いバーテンダーが迎えてくれました。

「申し訳ございません・・マスターはちょっと外出中でして・・6時過ぎには
 戻るはずなんですが・・実は、最近6時オープンになったんです」と
申し訳なさそうに言いました。

せっかくなのでジントニックを頂き、また後ほど伺います!とメッセージを残し店を出ました。

関内ホール方面に向かって歩くこと2?3分、相生町に最近オープンしたバー
【スーパーノヴァ】にお邪魔しました。
sp-nova.jpg

「シガーにモルトは勿論、ハーブやフルーツを漬け込んだ自家製リキュールに力を入れてます!」
と胸を張る若きバーテンダー石井氏が一人で切り盛りしている。
生姜フレーバーのモスコーミュール、カンパリのグレープフルーツ漬けを頂きました。
情熱ほとばしるフレッシュなバーでした。

次は、相生町の通りを横浜スタジアム方面に向かって歩きます。。
隠れ家的なバー【ムーンリット・クラブ】に伺いました。
moonlit-clb.jpg

「今年で17年目になります・・この辺りでは古いバーになりますね」と
静かに語ってくれたのは佐藤さん。
当店もオープンして16年目ですし、同世代という事もあって直ぐに意気投合!
狂ったバブル期の話、横浜の街の変化についてなど・・時間を忘れ盛り上がりました。
ジンフィズをオーダーすると・・
「ここに来る前にお食事されました? 何かお酒は呑まれましたか?」と
問診するドクターの様に訪ねてきました。ここで私は好感持てました。
最近、こういうバーテンダーは少ない様に感じます・・・。
本来、バーは食前か食後に訪れる場所ですから、食前か否かでお薦めするお酒が変わりますから。
カウンターのみ、お通しなし、フードなし!と潔いスタイルは古き良き時代のバーだ。

さて・・振り出しに戻り「らんぷ」に向かいます。
扉を開けると、ロマンスグレーのダンディなお客様がカウンターを埋めています。
噂通りお客様の質が良いようです。
「先程は失礼いたしました、わざわざありがとうございます」と笑顔で迎えてくれた金子さん。
私も、挨拶もそこそこに日頃の感謝の気持ちをお伝えすると・・

「ラ・ロシュの噂は聞いてますよ・・
早くに開け、夜も早く閉める、バーは本来そうあるべきです。
紳士淑女は深夜過ぎまで飲むべきではない、バーの酒は明日への活力の為です
酔っぱらう為のものではない。ラ・ロシュのカクテルにもお客様の健康を配慮して
いるのが良く分かります、素晴らしい事です」と、もったいない程の言葉を頂き恐縮です。

*私的には、龍馬と勝海舟の出逢いの場面が頭に浮かびました(^^ゞ

金子さんは本当に懐の深い立派なお方です。
言葉のひとつひとつに説得力があり、オーラを感じさせます。
久しぶりに震える程の感動を覚えました。尊敬すべき“ザ・バーテンダー”です。

したたかに酔いましたが・・もう一軒!
吉田町にある【ノーブル】に伺いました。
noble.jpg

山田君とは、知り合って数年になりますが、相変わらず折り目正しい銀座スタイルでした。
記憶が確かなら、沼津御用邸の初釜で偶然お逢いした時以来でしょうか?
カウンターには奥様がバーテンダーとして山田君をサポートしていました。
私はどこにも所属していませんので情報に疎いんですが・・
山田君の活躍は噂で聞いています。
決しておごる事なく腰の低い侍の様な男で本当に頭が下がります。
今回はゆっくりできませんでしたが・・次回はもっと余裕をもって伺いますので・・。

いやぁ?、今回はかなり充実した夜でした。
新しい出逢いにも恵まれましたし、素晴らしいバーテンダーとの語り合いは
私にとって大切な時間でした。良い刺激も沢山頂きました。
ただ・・バー巡りに追われ、食事する時間がとれず、すきっ腹で呑んでいたので
地元に帰って呑む余力もなく・・横浜で燃え尽きてしまいました・・

ハマの珍道中でした・・おしまい。



スポンサーサイト