FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



死にたいくらいに憧れた花の都・・・
先日、久しぶりに某カフェバーに行った時のこと・・

カウンターの隅に座ると、無造作に積んである雑誌から一冊を手にしました。
その表紙には「バー特集」の文字が・・
ペラペラとページを捲ると、随分懐かしいバーの名前が連ねています!
「マジで???」
慌てて表紙を確認すると「1988年」と記されている!

聞けば、あるお客様が古い雑誌のバー特集を置いて行ったのだという。

20年以上前の懐かしい写真が満載です。

既に無い店や、今となっては重鎮の方の若かりし頃の姿(笑)
バブル真っ只中、モルトブーム以前で何もかもが華やかな時代。

どの店も「凛」とした佇まいで「バーは大人の社交場」なのだと感じさせる何かがあります。

私も、この数年後にバーテンダーを志す事になるのだが・・

師匠を持たなかった私は、このような(バー特集)雑誌を買い漁っては
何度も何度も読み返したものです・・「いつかは自分だって!」と
生まれ故郷の静岡でオーセンティック・バーをもつ事が夢のひとつでもありました。

当時、静岡は「オーセンティック・バー不毛の街」などと、心ない事を言うお客様もおられました。
だからこそ、反骨精神は鍛えられたのかもしれません(^^ゞ


現在では、バーも多様化しましたし、随分カジュアルになりました。
多くの方に受け入れて頂くには便利な時代になった事だと喜ばしいのですが・・・

この古ぼけた雑誌を見た時、我々がこれまでに失ってきた何かを感じてなりませんでした。
世の中は、こんなに物に溢れ豊かだというのに。。

温故知新か・・・

♪死にたいくらいに憧れた 花の都「大東京」

20年前、この大都会の「本物のバー」にノックアウトされた頃の自分が甦りました(-_-;)
よし、まだまだやれるぜっ!(←気合だけですが・・)



スポンサーサイト