FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Excuse
お陰様で、少しずつではありますが珈琲の注文が増えております。
まだまだ浸透しているとは言えませんけどね・・。

当店で初めて「ビームヒーター」を目の当たりにする方が殆どではないでしょうか?
皆さん、中々良いリアクションされていますよ~笑(思惑通りです!)

そんな中、「何故Barで珈琲なの?」 「どうしちゃったんですか?!」と
理解に苦しむお客様も・・。
コーヒー・カクテルなら理解できるけど、何故コーヒーなんだ?と。
「バーテンダーは酒の勉強に集中しろ!」って話ですよね?
私もそう思います。

【茶の湯】では、もてなしの真髄・・即ち、サービスの原点を学びました。

「珈琲」はモルトやワイン同様、高いポテンシャルを感じています。
しかもサスティナブル(持続可能)な発展要素を含んでいます。

今や、子供から大人まで生活に密着していますしね。

都内のオーセンティック・バーで、シガーを扱っている店が多い様に、
近い将来、珈琲に着目するバーが増えても不思議ではありません。

マシーンも日々進化していますから、そういう機械を導入するのも良いし、
フレンチ・プレスなら簡単だし設備投資も大して掛からないので
拘りのカフェでも推していますね。

ただ・・便利な時代になる程に、私は「手仕事」の大切さに気付かされます。

最先端を追いかけるのも良いですが・・
失われゆく伝統や文化を継承していく事も大切なミッションです。
そんな風に考えるのは、バーテンダーの仕事に誇りを持っているからだと思います。

利便性の追求よりも、
本当に良い物を造り続けている生産者を応援したくなる衝動に駆られます。


でも、珈琲は「楽に自由に」という気持ちでやっています。
「バーだけど、本格的な珈琲が飲める幸せ」みたいな?笑

私自身まだまだ経験も知識も浅いですし、
お客様と共に学んで行きたい所存です。
「シングルオリジン・コーヒー」も少しずつ紹介出来るよう頑張ります!

yamadataka.png


手前味噌ですが・・(^^ゞ
私が何か始めると、眉をひそめる人が沢山います。
けれども、この20年間を振り返れば、意外に的は外れていないと思います。
ただ、(致命的に)表現方法が下手なだけで、目の付け所は悪くないと自負しておりますm(__)m
(自虐ネタっぽいかな?笑)







スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://laroche.blog66.fc2.com/tb.php/1829-6b6ddd0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)