FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



白と黒の世界で・・
【King of Rock'n'roll】ことElvis Presley。

1954年♪ザッツオールライト(ママ)でデビューし、
白人のティーンエージャーに絶大な支持を受けました。

翌年にはメジャーレーベルから全米デビュー。
彗星の如く現れたElvisは、時代の寵児となった。

しかしながら南部では、まだ人種差別が色濃く残る時代であった。
Elvisは黒人の様に歌えるシンガーで、その派手なファッションも
ヘアスタイルも黒人を意識したものだった。

そんなElvisですから、
保守的な白人の大人達から受け入れられるはずはなかった。

Elvisの歌、パフォーマンス、ファッション、全てが「白人らしくない」からだ。
(白人の音楽はヒルビリー(カントリー&ウェスタン)。
黒人の音楽であるブルースは「悪魔の音楽」として聴くことも歌うこともタブーであった。)

迫害を受け、芸能界追放の危機にも直面しました。
しかし、Elvisは屈しませんでした。

大好きなブルースやゴスペルを歌う事がそんなに罪な事なのか?・・と。
(幼少期は貧しく、Elvisの育った環境はプアな白人や黒人が多く住むエリアだった。
その為、ラジオからはブルースが流れ、教会からはゴスペルが聴こえてきました。
そんな環境がElvisの感性を育んだのでしょう。)

やがて社会問題にまで発展し、コンサート会場に警察が監視に来る程でした。
そんな大人達に反発するかのように、Elvis人気は加速して行くばかりだった。

Elvisがテレビ出演すれば視聴率は爆発的に上がり、
レコードを出せばバカ売れ! コンサートは超満員!!
もはや、誰もその勢いを止められなかった・・。

これまで誰も超えることの出来なかった壁を壊したのがElvisだった・・。


歴史が動いた瞬間だった。

音楽に人種は関係ない」と、始めてアメリカが認めたのだ。

ROCK=反骨精神 というのはそういう歴史があったからだと思います。

黒人音楽を世界に広めた偉大なシンガーなのだ。

「Elvis以前には、何もなかった・・」 byジョン・レノン

「Elvisが太陽なら俺は月かな・・Elvisがいるから俺も輝けるんだ」 byチャック・ベリー

16日はElvisの命日です。
Remember The King!


直立不動で歌うのが当たり前だった時代に、楽しそうに跳ね回って歌うスタイルはElvisが元祖!
カール・パーキンスは、舞台袖からElvisのパフォーマンスを観た時「コイツは宇宙人じゃないのか?!」
と本気で思ったそうです。笑

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://laroche.blog66.fc2.com/tb.php/1823-8599b7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)