FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



珈琲の波
サイフォンを始めてまだ4ヶ月程のビギナーでは御座いますが・・
バーテンダーの目線から観た「コーヒーカルチャー」の動向を私なりに分析したところ・・
シングルモルトやワインのそれと全く同じである事に気付かされました。

抽出技術は勿論、焙煎、産地、生産者への拘り・・
レストランや、バーでも随分前から、そういう流れが認められていますね。

ただ・・(私は)理解に苦しむ所があって・・
それだけクオリティーや意識が高いにも関わらず、
今のダイニングカルチャーの流行りは・・
何故「セルフサービス?」 
何故「立ち食い?」なのか・・

別に、否定しているわけじゃありませんヨ。
何となく矛盾と言うか・・偏ってる感?
ま、私の考えが古いと言ってしまえばそれまでだが・・。

私にとって「外食」というのは、どんな時代であっても
【味、雰囲気、サービス】三拍子揃ってのトータルバランスだと考えています。

美味しい物を安く提供する為の人件費削減か?
若い世代を意識したラフなスタイルなのか・・

何か、凄く大切な物が失われていく気がして・・。
“おもてなし”は我が国のお家芸じゃないですかぁ~?!


そんな事を思いながら、ネットサーフィンしていたら
とても興味深い話が聞けましたので是非。
(私の考えてた事もまんざらでもないな~なんて、ホッとしました。 笑)

8分で現在の珈琲カルチャーが解る!

追記
こんな話しもあります・・
日本でも「バリスタ」という職業が認知されてきた今日。
本場イタリアでは、バリスタではなく「バルマン」と呼ばれる事を好むとか。
それは、エスプレッソを煎れる技術は勿論のこと、接客をはじめパニーニを作ったり
バールの仕事全般にプロの誇りを持っているからだそうです。

パリでも「ギャルソン」という職業は、市民からリスペクトされていると聞いた事があります。
配膳係といって軽視されがちですが・・頭の回転が早く、周囲に目を配れる人でなければ務まらい仕事。

我が国でも“バーテン”ではなく、「バー・テンダー」と認識して頂きたいものです・・そろそろ。
(映画の翻訳者や、マスコミ、報道関係の人には特にね!!!)

日本人が背を向けてきた「失われつつある古き良き文化」
再認識すべき時は、そう遠い話しではないでしょうね・・。

bluebottlecaffe.jpg
BlueBottle coffee


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://laroche.blog66.fc2.com/tb.php/1690-e0be6023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)