FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Goodbye.CAROL,
キャロルとの出会いは小6の頃・・
「燃えつきるキャロル」というラスト・ライブを収録したアルバムです。
勿論、後追いでした。
始めて聴いた♪Jhonny B goodeは、チャック・ベリーじゃなくてキャロルだった。

今思えば、この出会いが私の人生観を大きく変えてしまった!
Rock'nRollの洗礼・・。

carol.jpg

キャロルは「和製ビートルズ」という観方もできます。
*シルバービートルズを意識してたんでしょうね~きっと。
永ちゃんとジョニーは、ジョンとポールの関係に似ていなくもないし・・。

ジョニーのボーカルなら、「二人だけ」 「彼女は彼のもの」 「ハニー・エンジェル」が大好き。

ここに燃えつきたキャロル・・  Legend
 
語り:岩城滉一



スポンサーサイト



新宿3丁目Bar巡り
年内最後の休み(かも?)
やっぱり東京デス。

渋谷に着いたのは16時過ぎ・・
先ず向かったのは老舗「茶亭 羽當」さん。

サードウェーブのルーツとも言われている名店です。
昔ながらの喫茶店で、内装もオーセンティックバーに似た重厚感漂っています!
我が国が育んできた「喫茶店文化」絶やして欲しくはないですよね・・。

hatou_01.jpg
始めての訪問ということで「ブレンド」をオーダー。
ハンド・ピッキングをしていたマスターが、私の目の前で淹れて下さいました。
丁寧かつ手際よい仕事は観ていて楽しい♪「勉強になりま~す!」

さて、美味しい珈琲の後は新宿へ・・。

新宿駅に着いたのが丁度17時頃。
久しぶりに「ティツィアーノ」さんへお邪魔しました。
アペリティフにグラスのシャンパーニュと、ザクロを使ったロングカクテルを頂きました。
まだ浸透してない様ですが、平日は17時オープンになったそうですヨ。
鎌田さんもお元気そうでなによりです。

そろそろ18時になる頃なので、足早に向かったのは「ル・パラン」さん。
今日こそ一番乗りだ~!と思いきや・・
既に先客が・・この店ど~なってんの???w

本多さんは、相変わらず軽快なフットワークで先日も神戸、京都と旅して来たという。
「その前はキューバへ行ってきたんです」と楽しそうに語っていました。

「今日も日帰りです? たまにはゆっくりしていけばいいのに~本当に!」
と呆れ気味でしたので「あなたは遊びすぎだから!」とツッこんでおきました~(笑)
本多さんと色々と深い話しが出来たし、優雅で楽しいひと時を過ごせました。

次に向かったのは「ルースター」さん。
(旧スティングと言った方が早いかもね?)
バーテンダーが変われば店も変わるもので、同じ内装でも新しいバーになっていました。

マスターの山口氏は人懐っこい笑顔の腰が低い方で、
いわゆる東京のバーテンダーにありがちな折り目正しいカッチリ感は無く、
良い意味でゆるい接客が親近感を覚えます。
静岡のバーテンダーにいそうなタイプでしたヨ(笑) これから期待したいNEW FACEですね!

さて・・最後は「ブリューダー」さんへ。
菅野氏とも久々の再会です。

彼と話していると何故か「バーとは・・」みたいな話しになります。
自分のスタイルを確立されている方なので、そういう信念がこちらにも伝わります。
クールに見えて意外に熱い男なのです!
相変わらず素敵な空間で、素晴らしいバーだった。

本当はもう一軒行きたいバーがあったんですが・・次回の楽しみに。
3丁目は良いバーが沢山あるし、徒歩5分以内でバーホッピングできる
有難いエリアなので、ツイ欲張ってしまいます(^o^;)

そんな訳で「新宿3丁目の弾丸ツアー!」満喫してきました~!

今回もまた、皆様から良い刺激を沢山頂きましたm(__)m
明日からの活力とさせて頂きます!

おしまい。




お知らせ
25日(火)休みます。

先月はタイミングを逃し休めず・・
その前の休みは台風だったし・・

今回は3連休明けですが・・如何でしょう?
もしかしたら年内最後の休日になるかもしれません・・。

そんな訳で、何卒よしなにm(__)m


スターターセット?w
サイフォンも、ボチボチ慣れてきたので、
次のステップへ・・

やはり「ハンドドリップ」でしょ~。

数あるドリッパーの中から、あえて「ハリオV60」をチョイス!
慣れるまでにテクニックを要するみたいですが・・
上手く行けば、ネルドリップに近い味が出せるらしい・・。

個人的な楽しみではありますが、
上達したら、店でもお出ししますので。(多分)

IMG_20141123_160535.jpg
ペーパードリップは、手軽に始められるのが有難い所です。
さ~ぁ、練習の為に先ずは一杯!笑


旬を食す
先日、ご近所の「料理いしがみ」さんにて
食事会がありました。
勿論、すっかりお馴染みのメンバーです!

image_20141120215708dbd.jpeg

季節料理を堪能させて頂きましたm(__)m

珈琲の波
サイフォンを始めてまだ4ヶ月程のビギナーでは御座いますが・・
バーテンダーの目線から観た「コーヒーカルチャー」の動向を私なりに分析したところ・・
シングルモルトやワインのそれと全く同じである事に気付かされました。

抽出技術は勿論、焙煎、産地、生産者への拘り・・
レストランや、バーでも随分前から、そういう流れが認められていますね。

ただ・・(私は)理解に苦しむ所があって・・
それだけクオリティーや意識が高いにも関わらず、
今のダイニングカルチャーの流行りは・・
何故「セルフサービス?」 
何故「立ち食い?」なのか・・

別に、否定しているわけじゃありませんヨ。
何となく矛盾と言うか・・偏ってる感?
ま、私の考えが古いと言ってしまえばそれまでだが・・。

私にとって「外食」というのは、どんな時代であっても
【味、雰囲気、サービス】三拍子揃ってのトータルバランスだと考えています。

美味しい物を安く提供する為の人件費削減か?
若い世代を意識したラフなスタイルなのか・・

何か、凄く大切な物が失われていく気がして・・。
“おもてなし”は我が国のお家芸じゃないですかぁ~?!


そんな事を思いながら、ネットサーフィンしていたら
とても興味深い話が聞けましたので是非。
(私の考えてた事もまんざらでもないな~なんて、ホッとしました。 笑)

8分で現在の珈琲カルチャーが解る!

追記
こんな話しもあります・・
日本でも「バリスタ」という職業が認知されてきた今日。
本場イタリアでは、バリスタではなく「バルマン」と呼ばれる事を好むとか。
それは、エスプレッソを煎れる技術は勿論のこと、接客をはじめパニーニを作ったり
バールの仕事全般にプロの誇りを持っているからだそうです。

パリでも「ギャルソン」という職業は、市民からリスペクトされていると聞いた事があります。
配膳係といって軽視されがちですが・・頭の回転が早く、周囲に目を配れる人でなければ務まらい仕事。

我が国でも“バーテン”ではなく、「バー・テンダー」と認識して頂きたいものです・・そろそろ。
(映画の翻訳者や、マスコミ、報道関係の人には特にね!!!)

日本人が背を向けてきた「失われつつある古き良き文化」
再認識すべき時は、そう遠い話しではないでしょうね・・。

bluebottlecaffe.jpg
BlueBottle coffee



Grace of monaco
やっ~と観て来ました。

中々評判の良い作品で期待していました。

伝記映画って「栄光からの転落人生」ってパターンが殆どですが、
この作品はそうではありませんでした。

外交術っていうか・・モナコとフランスの駆け引きが興味深く描かれていました。

ラストの「赤十字舞踏会」でのスピーチは感動的でした。
名場面だと思います!
マリア・カラスも出てるし♪

それにしても、グレース・ケリーを演じた【ニコール・キッドマン】は素晴らしい!
何歳かしりませんが・・本当に綺麗ですよね~!

是非、劇場で!

フレンチプレス
11月に入った途端、忘年会の相談や、年末年始の話しが出始めました。
そんな季節か?
早朝は、すっかり冬の寒さですからね~。

さて・・今年の冬から「コーヒー・カクテル」を始めようかと思います。
折角、勉強を始めたことですしね。

真骨頂は「サイフォン」ですが、数ある抽出方法で、
この「フレンチプレス」を推薦するプロも少なくありません。

ネルやペーパーよりも、ストレートに味わいを表現できるのが理由です。
そして、なにより「簡単」で失敗が少なく安定した味で提供できること。
カクテルに使うのなら、これで十分です。

今回、ハリオのプレスをチョイスしました。
フィルター部分にラバーのパッキンが付いているので、
微粉が舞うのを最小限に留めます。
作りがシンプルなので、使用後の洗浄も楽チンです♪
こういうポイントも大切なんです!笑

IMG_20141104_153619.jpg

今のところ、コーヒーのオーダーは承っておりませんが・・
近々「ゲーリックコーヒー」をオンリストする予定です。