FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



19周年記念企画
マッチボックス開店から19年の年月が経ちました。
そして今年は、ラ・ロシュへ移転10年の節目の年でも御座います。

決して平坦な道のりではありませんでしたが、
何とか今日まで続けてこられたのは、マイノリティなお客様のお陰で御座います。

恐悦至極に存じますm(__)m

さて・・恒例のアレを今年もやります!

感謝の気持ちを込め、心ばかりのおもてなしを・・

期間:6月1日(日)~ 9日(月)迄


【Clearance Sale 開催】
高額のウィスキーを期間中「特価」にて提供!

【Anniversary Bottle 開栓】
001_20140528115647e04.jpg
ルモルトン・ラルーテ(オールドボトル) 1890年代に仕込まれた超古酒! 幻のカルヴァドス!!
ここまで古い物は、中々お目に掛かれないでしょう・・是非、この機会をお見逃しなく!

002_20140528115649baf.jpg
コールバーン17y 1968 通称 “ケイデン黒ダンピー” 閉鎖蒸留所の超レアボトル!!
1985年に閉鎖したコールハーンの'60年代に蒸留された大変希少なボトルです!

003_201405281156505f4.jpg
バローロ・キナート カッペッラーノ 高級バローロにキナを漬け込んだ珍しいリキュールワイン。

セッラルンガ・ダルバに本拠地を置くカッペッラーノ。
100年以上の歴史を持つバローロ屈指の名門であり、第2世代に当たるジュゼッペ・カッペッラーノの時代に、独創的なバローロ・キナートを発明したことでも有名です。
これがその元祖バローロ・キナート!製法は一子相伝だとか。
キナノキの樹皮、クローブ、ニガヨモギ、シナモン、サトウキビ糖等を葡萄由来のアルコールに溶かし込み、バローロに加えて造られるもので、伝統のレシピ通りにテオバルド・カッペッラーノが再現し、優れた感覚で仕上げたものです。
甘く複雑な香りと独特の甘苦い味わいの中に、ベースであるバローロの優雅さがしっかり生きています!
「テキストより抜粋」

004.jpg
ボーデンハイマー・クロイツベック・オルテガ・トロッケンベーレンアウスレーゼ'05( 極甘)
金賞受賞の極上貴腐ワインをショットでお楽しみ下さい!

006.jpg
オールドボトルを特価で!

【7(土)、8(日)限定】
バイ・ザ・グラスのシャンパーニュと赤ワインを、ちょっぴりグレードアップ!
銘柄は当日のお楽しみに!

尚、各1本のみになりますので、売切御免とさせて頂きます。


【追記】

4年間、研修を務めた窪田が、奇しくも6月8日(日)を最後に卒業することと相成りました。

公私共に可愛がって頂きましたお客様には、本当に感謝しております。
至らない所、荒削りな所・・まだまだあると思います。

私も、決して良い指導者ではありませんでした。
バーテンダーとしてではなく、一人の大人として厳しく接してきました。
それでも4年間、文句ひとつ言わず忠誠を尽くしてくれた事には、本当に感謝しています。

発展的な展開ではありませんが、彼女なりに決断した事です。
これまで彼女にエールを送り続けて下さったお客様の期待に応える事は出来ませんでしたが・・
当店で過ごした4年間の経験は無駄ではなかったと信じております。

窪田に変わって、お客様に感謝の言葉を送ります。「本当にお世話になりました」

5/31(土)、6/8(日)は、カウンターに立ちますので宜しくお願い致します。


スポンサーサイト



Blue Moon
「ウオッカ・マティーニをお願いします」

もしかして“ブルージャスミン”ですか?

「マスターも観たんですね?」

そんな素敵なオーダーが・・。

この映画といえば、これも印象的でしたね。



Blue Moon と言えば、私的にはElvisヴァージョンですが・・(^o^;)
ジム・ジャームッシュの「MysteryTrain」でも効果的に使われていた曲だ。


bar road
遂に、岸君のバーがオープンします。

銀座の名店「タリスカー」を経て
京都の繁盛店「k家 別館」と都を渡り歩いてきた岸君ですが・・

独立の話を伺ったのは随分前の事で、
暫くの間、何の噂も聞こえてきませんでした。

そんな時、唐突に当店に現れました。
その時に「中々良い物件がなくて・・」と苦戦している様子でした。

先月、偶然、千葉出身の元バーテンダーのお客様がいらしたので、
岸君の話をすると、「もうそろそろだと思いますよ~」と教えてくれました。

岸君も、随分遠回りしたみたいけど、
その分、コレクションも、更に集まったみたいですしね。
因みに、最近は「ファンシーボトル」を買い漁ってたみたいですよ(笑)

ま、とにかく良かった、良かった♪

001_20140527141625f3a.jpg

bar road

レセプション:6/22 14~ 21時迄
グランドオープン:6/24
マンデラ
早速観て来ました。

壮絶な人生を送ったマンデラの伝記です。
マンデラ作品はこれで3作目かな?

今作は「革命」に焦点を絞ったストーリー。

暴徒化する過激な市民をどう抑えるのか?

それは「赦し」でした。

「皆さんが望んでいる言葉じゃないかも知れないが平和しかない!
人生の27年間を奪われた私が赦せたのだから・・皆さんも赦せるはずです!」
と呼びかけるマンデラの演説は、魂を揺さぶられました。
(西郷隆盛と似てるな~と個人的に感じました。^^;)

power to the People!

mandera.jpg

2時間半超えの壮大なスケールで迫る社会派作品です!
是非、劇場で!

季節料理を味わう
先日、いつものメンバーで「料理いしがみ」さんへ伺いました。

久々の和食♪

DSC_1286.jpg
写真提供 AKKY

太刀魚の刺し身、鮎の天ぷら・・美酒佳肴です。
美味しく頂きました~!

深夜徘徊で補導?!
昨夜、帰り道チャリで走っていると・・

背後から忍び寄るパトカーから
お巡りさんに呼び止められました。

「そこの自転車ちょっと止まって~、未成年者がこんな時間に何してるの?」

は? こんなナリしてるけど、40過ぎのオッサンですが・・
仕事終わりで帰るところだけど何か???

「大変失礼しました~ 凄いスピードで走ってたんで
若者に見えてしまって・・・お気をつけてお帰り下さい^^;」

は~い、ご苦労さんデ~ス!

と、まぁ、そんな残念なやりとりがありました。
しかも、そのお巡りさん、私よりずっ~と年下だと思います。

職務質問ならまだ分かるけどさ・・
もしかして、補導されかけた?! 苦笑・・

ん~、笑えねぇ~!

おまけ
140522_060918.jpg
140522_061036.jpg
140522_061207.jpg

5:30頃 大崩海岸


ピーチパイン
ピーチの香りがする不思議な、沖縄産のパイン。

001_2014051912122534c.jpg

個人的には、「アルゴンキンカクテル」 「イーストインディア」のレシピを
少しカスタムして作るのが好みです。
勿論、「マタドール」も鉄板ですが・・笑
折角フレッシュ・パインなので、ジュース多めが美味しい~♪


フルートベール駅で
早速観て来ました。

カリフォルニアで実際に起こった事件の映画化です。
22歳の黒人青年の最後の一日。

彼は、ドラッグの売人で、刑務所から出所しても
スーパーマーケットの仕事も、度重なる遅刻が原因でクビに・・。

確かに彼は、社会人として褒められたものではない。
でも、彼は立ち直ろうと必死にもがいていた。

黒人の不良少年ではあるけれど、彼は心優しい「ナイスガイ」であった。

白人警官が、無抵抗の黒人を射殺したという事件は、
半世紀前のアメリカ南部なら珍しい事ではなかったかもしれない。

しかしながら、実刑を受けた警官が僅か1年足らずで釈放されたという事実に
憤りを感じてしまう。
こんな事が許されて良いはずはない。
人種差別は、今でも存在している?

frutvalest.jpg
是非、劇場で!


グランヴァンの会
日曜の深夜に、恒例のワイン会を開催しました。

今回は「Chマルゴー'63」をメインに素晴らしいワインが揃いました!

DSC_1222.jpg
DSC_1223.jpg
DSC_1224.jpg
DSC_1225.jpg
DSC_1230.jpg
DSC_1217.jpg
DSC_1218.jpg
DSC_1215.jpg

1)泡 ランソン1981 225周年記念ボトル
2)白 ムルソー・ペリエール'04 Dm ルイ・ラトゥール
3)赤 エシェゾー '09 Dm フィリップ・パカレ
4)赤 ニョイサンジョルジュ クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ'90 Dmラルロ
5)赤 バスティアン・クントラーリ'98 フェリーチェ・コッポ
6)赤 ル・ペルゴレー・トルテ'96 モンテヴェルティーネ
*イラストラベルは裏ラベルです。
7)赤 Chマルゴー'63

古酒が2本ありましたから、イタ男さんのゴッドハンドが唸ります! 笑
「まるでスーパー外科医のオペを見ているようだ!」と絶賛の声が・・!

ランソンは、微発泡の上質な白ワインの古酒といった感じでした。

マルゴーは、バッドヴィンテージでここまで古い物ですから
正直、懸念もありましたが、枯れる寸前の儚さが細く長く続き
微かな果実味が生命力を感じさせます。
偉大なワインでなければこうはいきません。
流石、Chマルゴーである。

今回は、イタリアのマニアックなワインあり、
ブルゴーニュの古典派とBIOのカリスマありと
バラエティに富むワイン会となりました。

料理は、M君とシミーが頑張ってくれました。
いつも有難う!


ブルー・ジャスミン
早速観て来ました。

超セレブな生活からの転落人生・・。
プライドが邪魔をして、もがき苦しむ主人公をケイトが熱演しています。

blue.jpg

♪「Blue Moon」と「ウオッカティーニ」がキーでした。


ヴィクターズのギムレット
「ギムレットをお願いします。ドラマで出てくるギムレットは原作と同じものですか?」

あ、NHKドラマの“ロング・グッド・バイ”ですね?
勿論、私も観ていますが、ドラマでは“オンザロックスタイル”ですね。
そのようになさいますか?

「いえ、カクテルグラスでお願いします」

昨夜、お客様とそんなやりとりがありました。


原作では、ギムレットのウンチクが有名なのですが、
残念ながらドラマでは割愛されていましたね。

ドラマでは、
本当は、オーチャード社のライム・ジュースでお作りして差し上げたいのですが・・
と、ヴィクターズのバーテンダーに言わせていますが、

原作では
「ジンとローズ社のライム・ジュース以外何も入れないんだ」と主人公のセリフです。

そして・・
「ギムレットには早過ぎる」というセリフは、あまりに有名ですが・・
ドラマでは出てくるのでしょうかね?

ハードボイルドには、Barやカクテルが良く似合いますよね?

lgb.jpg

しかしながら、ライム事情が悪いこのタイミングでのドラマ化はね・・^^;

「ライム系カクテルは遠慮した方が良いですか?
 “ザ・ロング・グッド・バイ”を観てギムレット飲みたくなったんですが・・」
というお客様もおりました。

当店では、しばらくは大丈夫だと思いますので、ご遠慮なく!


Entry Bottle
今度のワイン会で、当店セラーから出品するワイン。

001_20140506165015287.jpg

左:ランソン1981 / 225周年記念ボトル

ヴィンテージ的に、泡が残っているか心配ですが・・
記念ボトルのSPキュヴェですし、ランソンも気合い入れて造ったハズ?! と信じて(笑)


右:バスティアン・クントラーリ1998 /フェリーチェ・コッポ

「バスティアン・クントラーリ」とは、ピエモンテの方言で“反逆者”の意。
このエチケットがRockしてます!
村人から反逆者と呼ばれるフェリーチェ・コッポの生き様・・その真価は如何に?!


鷹匠のロティサリー
久々のランチ会です。

今日は、山Pの店「アン・ドゥ」さんへ
“ローストチキン・コース”を食べに皆で出掛けました。

昼から、よく食べ、よく飲み、よく喋りました~(^o^;)
楽しいひと時と、美味しい料理をありがとうございました!

DSC_1196.jpg

DSC_1199.jpg

DSC_1206.jpg


DSC_1209.jpg

DSC_1194.jpg
DSC_1198.jpg
DSC_1202.jpg
DSC_1207.jpg
写真提供 Akky complete!

俺のダンディズム
最近お気に入りのドラマです(^o^;)

主題歌がまた良いんデス♪


チェキラ★

ルパン三世じゃないけど・・
「背中で泣いてる男の美学」ですね~!笑