FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Be gentleman
クラーク博士と言えば・・
ボーイズ・ビー・アンビシャスが有名ですが・・

「Be gentleman」という格言も、私は好きです。


札幌農学校の校則について、開拓使長官の黒田清隆(後の内閣総理大臣)に
「この学校に規則はいらない。“Be gentleman”(紳士であれ)の一言があれば十分である」
と進言したと言われている。
それまで士族の子弟が雁字搦めの徳目に縛られていたのと比べると、これはいかにも簡潔なことであった。
しかし、何をして良いのか、何をしてはいけないのかは自分で判断しなければならないため、
自由でありながら厳しいものとなっている。
ただし、開校日にクラーク自身が学生に提示した学則は、これよりはるかに多い。
これは、クラークの前任者であるホーレス・ケプロンの素案をそのまま使ったためとも言われている。
(Wikipediaより)

あれはダメ、これはするなと、ごちゃごちゃと言うより、
「紳士であれ」の一言に集約させた方が説得力がありますね?

Barでも同じ事が言えると思います。

Clark博士に習って、当店の入り口の「張り紙」も
“Be gentleman”の一言に集約させて頂きました。(笑)

「団体での入店不可」 
「携帯電話をマナーモードに・・」

秩序を守る為には、
ご理解頂きたい事も色々とございますが・・^^;

私が、お願い申しあげたい事は・・

“紳士であれ”この一言に尽きます。

boysbe.jpg





スポンサーサイト