FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



noblesse oblise
「高貴な義務」*本来は貴族に課せられる社会的義務

そんな言葉がピタリと当てはまるお客様がおります。
ラ・ロシュになってからは、3人目です。

残念ながら、一人は数年前に他界されてしまいましたが・・。

才能や情熱ある若手を育てようと支援する事は
若いアーティストを支える「パトロン」と同様です。

「義務」とは少し違いますが・・
「社会勉強」と言って、経済的backupをして
経験を積ませているのは「高貴なる精神」だと思います。


もっと景気が良かった頃は、上司が部下を連れ
バーやレストランに出掛け、社会人としての常識や
お酒の嗜み方、マナーなどを教えてくれたと思います。

もはや、そんな時代ではないのだと聞きますが・・本当に残念です。

当店にいらして下さる、そんなお客様を誇りに思います。

恩恵を受ける若者も、その期待に応えるべく精進して頂きたいし、
「忠誠」「礼節」「感謝の念」をしっかり心に刻んで欲しいと、強く願います。

「本当~に、今時そんな人いないからね!!!」


おまけ
120929_055953.jpg
嵐の前の静けさか? 久々に本当に美しいサンライズでした!

スポンサーサイト



おもしろきこともなき世をおもしろく・・・
バー業界とは「孤立無援」か???
と言われそうな程、休火山状態の当店ですが・・

来月辺りに「おもろい事」を企んでいます!
まぁ、お客様には全く関係のない事なので意味ないけど・・。

でも、広~い意味で「業界を盛り上げるべし!」っと一念発起?


環境や立場が変わっても、今、自分が成すべき事をやるだけです(な~んてな)
根拠の無い思い込みと勘違いですけど・・何か?(笑)

さて・・私は何処へ向かっているのでしょう?
注)ブレてないんで「迷子」じゃありませんよ!

ど~でも良い事だと思いますが・・
また後日、報告致しますね<(_ _)>

ちょっと、レアな逸品
アーガイル12y(スプリングバンク)

80年代に流通していたモノ。
オーバル・ボトル(760ml)が懐かしいです。
昔のバンクを彷彿させますね。

agl12y.jpg

鍵泥棒のメソッド
何だか、このところ
周りが活発に動き始めているので
それを良い事に、遊びにかまけてるこの頃・・
最早、隠居生活か?って感じで。

明日は(自転車で)どこまで行こうか?
とか・・
来週は映画何を観に行こうか?
とか・・
バーテンダーにあるまじき姿勢ですよね?
これからは、私なりの「メソッド」で参ります(な~んてね!)

ま、勤しんでる人達に任せておけば大丈夫でしょうから。(多分?)

「昼行燈」とでも呼んで下さいな・・。

で・・
早速観てきましたョ!
痛快コメディ!
kagidorobo.jpg

この主演二人ですからね~、悪いはずはないです!
是非、劇場で!


おまけ
120926_061613.jpg
6時頃、湖のように静寂な用宗海岸。

夢売るふたり
この監督の作品は好きです。
いつも深い余韻を残してくれます。

結婚詐欺は、勿論ろくでもない事だけど・・
このふたりを観ていると、ど~も憎めないし、
悪い事をしている様には思えない所があって・・

結末も、「そうきたか!」って感じでした。(良い意味でね)
脇役も、何気に贅沢だし!

yumeuru.jpg

壊れて行くふたり、狂気か?愛か?
色々な疑問をぶつけてくる所は、この監督らしさだ。

天下の大うつけ
天下統一の基盤を築いた【織田信長】

そのズバ抜けた才能とカリスマ性に
当時の人間は付いて行けず
「大うつけ」と呼んだそうです。

愚か者、非常識、イカレテル・・そんな感じか。

それに加え、ご意見無用の独裁者だ!

独裁政権は、長続きしないというけれど、
最期は、自分の側近の謀反により自害・・本能寺の変です。
独裁者らしい結末です。

歴史を知っている我々からすれば、
“うつけ”どころか、天才、カリスマといった評価が大半だろう。

この人の凄い所は、“ひらめき”と“本質”が直結しているところ。
まぁ、いわゆる「天才の典型」ですね。

細かいゴチャゴチャした事は考えず、出たとこ勝負的な行動力!(笑)


常識に捕らわれない自由な感受性、ワールドワイドな広い視野・・
それ故に、周りに理解できる人間は居る筈はなく・・
つねに孤独だったと思います。

日本人気質として「多数派の意見=正しい」という志向は否めませんが・・
この人の生き様からは、その逆の発想の中に真実が見えてきます。

「右に倣え」より「本質を見抜く事が大切だ」と、信長が教えてくれました。
まっ、こんな化け物は二度と現れないでしょうけど・・きっとね。

少年は残酷な弓を射る
いやぁ、重い作品です。

母親と息子の確執・・
いや、そんな単純なモノでは無いな・・

近年、未成年者の猟奇的犯罪が相次いでいますが・・
根本は意外に根深いところにあるのだろうか?
現代社会が抱える問題のひとつですね。

衝撃のラストに絶句!

shonenwa.jpg
まさか、この映画で、バディ・ホリーの♪EVERYDAYがフルコーラスで聴けるなんて!(笑)

穏やかな一杯?!
【トミントール21y ジェントル・ドラム】

tmt21ygd.jpg

このネーミングが良いですね♪
「穏やかな一杯」って感じでしょうかね?

21年と長熟の割に、お財布に優しいprice!
秋の夜長に如何でしょう・・・。

最強のふたり
話題作ですね。

早速、劇場へ出掛けました。

面白い映画って、冒頭5分で引き込まれます。

車椅子の大富豪とスラム育ちの黒人の青年との友情物語です。
この手の作品って重くなりがちなテーマなのですが・・
仏映画って事を忘れてしまう程、ハリウッド的ハイテンションで始まります。

思わず、クスッと噴き出してしまうシーンも満載です。
しかしながら、最後はグッと深い所で締めてくれるので
ただ面白いだけの映画ではない。

人は外見で判断してしまいがちだけど・・
肝心なのは中身(heart)なんですよね。
友情に、肌の色も育ちも関係ないんだって事を教えてくれました。
saikyo.jpg
この感動作を、是非、劇場で!

天地明察
早速観てきました。

暦、地図、時間・・我々の生活に欠かせないもの。
江戸初期に、人生を掛け、星に手を伸ばし続けた
名もなき男がいました。

このモバイル時代だからこそ、
もう一度立ち止まって、夜空を見上げてみたい。
そんな作品でした。

豪華な俳優陣も見所です!

tenchi.jpg

先人に感謝、感謝<(_ _)>
是非、劇場で!

名軍師の寺
今朝は、「臨済寺」に伺いました。

昨日は、リサーチ不足で辿りつけず
大幅に通り過ぎ、鯨ヶ池の近くまで行ってしまいました!
(山深い所にあるイメージだったので・・)
ま、サイクリングなんで、別に良いんだけどさ。

今回は、ググってきたのでバッチリ!
思いのほか街中から近くてビックリ。

このお寺は、歴史的には、
家康の幼少期「竹千代」人質時代を過ごした地として知られています。

でも、戦国好きには「太原雪斎」の寺と言った方が熱いです!

今川のナンバー2、家康の師匠・・
そして、弱肉強食の戦国時代にあっても
「名軍師」と言われた戦の天才です!!

おっと、ここぞとばかりに熱が入りました・・こりゃ~失敬<(_ _)>

120915_061745.jpg

120915_061913.jpg

120915_062015.jpg

まぁ、とにかく由所あるお寺です。
因みに、こちらは「修業寺」なので、基本的に見学はできません。
しかしながら、訪れる価値のあるお寺です!

「余談」

奇しくも、9月15日と言えば・・
天下分け目の関ヶ原!!
まっ、西暦では10月21日だけど・・ど~でもいい情報ですね(これまた失敬!)

9月の美食会
恒例の、石上さんで「美食会」です。
メンバーも、お馴染。

秋刀魚の炊き込みご飯、キングサーモンの刺身、太刀魚の天ぷら・・
美味でございました<(_ _)>

120910_140326.jpg 写真提供AKKY
ミニうどんの自家製油揚げも◎なり~♪

デンジャラス・ラン
早速観てきました。
朝一の割に、そこそこ人が入ってました。

私は、監督や原作などは二の次で、
出演している俳優で選ぶタイプです。

デンゼル・ワシントン、この人の作品は安心して楽しめます。
抜群の演技力は言うまでも無く、存在感が違います。

今回の作品も良いですね~♪
男臭~い作品でしたョ。

dr2012.jpg
*主人公はワイン・ラヴァーで【シャトー・ラ・トゥール】が好みの様です。

傑作とまでは言わないが、十分に楽しませて頂きました。
是非、劇場で!

おまけ
120910_060832.jpg
6時頃の広野海岸
本当~に、雨降らないですよねぇ、中々休ませてもらえないなぁ~(-_-;)

負けて、勝つ
いよいよ始まりました。
NHKドラマ「負けて、勝つ」

戦争で負けても、奴隷になった訳ではない・・
外交で勝つ。
誇りある日本の再生。

NHKドラマ「白洲次郎」の名場面を彷彿させる
セリフが多数使われていました。


権力に屈しない、吉田茂と白洲次郎・・
熱いです・・。

「泣くな、日本の男は、顔で笑って心で泣くんだ」
というセリフが印象的でした。

maketekatu.jpg

謙さんの演技が光る、注目のドラマです!

おまけ
120909_060325.jpg
5:50頃の藁科川

今季、最後を飾る桃
長野県から【黄金桃】が届きました。

別名、「マンゴーピーチ」と言われ
その名の通り、マンゴーの様なトロピカルな桃です。

gp2012.jpg
追熟させてからお出しする予定です。

おまけ
120908_061630 (2)
6時頃の丸子川河口

STORMY NUMAZU
17時の電車に乗って、沼津に着いたのは18時頃。

先ず向かったのは、北口の駅前にある「パイン」さん。
フレアバーテンダーのM君の店です。
開けっぱなしの扉から店内を覘くと、
カウンターで精神統一をしながら
真剣に花を生けているM君がいました。
しばらくして、私に気付くと・・
右往左往して「すみません!」と申し訳なさそうに詫びました。
まだ準備中だったようです。

仕方がない・・残念ですが、気持ちを切り替え次の店へ・・

ぐるっと南口に出て、歩くこと10分程・・
リバーサイド・ホテルの近くにある「梅邑」さんへ。
120906_182948.jpg


渋いバーです。
古き良き時代の酒場って感じ。
イエペスのギターが心地いい、
レコードのブツ、ブツ、という音が、より一層雰囲気を醸し出していました。

かと思えば、今度はビートルズの「イン・マイ・ライフ」
思わず、口ずさんでしまいそう。
この自由な選曲もGOOD!
外は雷の音がノイジーですが、ま、これもまた良し。

次に向かったのは、静岡が誇る大御所「ビクトリー」さん。
ここを訪れるのは10年ぶりか?
静岡のバーとは思えない程、洗練された重厚な佇まいのバーです。
マスターは、茶人としても著名な方。
年に1度、御用邸でお茶会を開いていて、私も、何度かお邪魔させて頂きました。

「(茶道は)精進されてますか?」と尋ねられ・・

はい、お陰様で・・でも、まだまだ準備運動です。
山に登るのは、ずっと先の事だと思います。 
と、話すと。

「きっと、私が100歳になっても、まだまだ精進が足りないと言っていると思います、
茶道とは、そういうものです。その謙虚な気持ちがあれば、あなたは立派な茶人ですよ」
と、もったいないお言葉を頂き恐縮してしまいます。

ここが、名店と呼ばれる理由が分かります。

最後に・・
「昔やっていた・・ではダメです。 やり続ける事に意味があるのです」
と、深いお言葉を頂きました。



今回の旅のテーマは「温故知新」
老舗バーから、何かを学ぼうと出かけました。
ここ数年、同世代や、若手のバーへ行く事が多かったので・・
そろそろ、重鎮と呼ばれる方のお酒が飲みたくて・・。

老舗のバーには、若手には真似のできない【味わい】があります。
こればかりは、お金で買えないものだから・・
何十年と積み重ねた年輪みたいなものですから・・
理屈ではない、飲み手を唸らせる魅力が、そこにはありました。

茶の湯と同様、脈々と続いていくバー文化ですが・・
信長や秀吉が愛した、絢爛豪華な茶の湯よりも、
利休が貫いた「侘び茶」の方が、私は好きです。


帰りの電車が、嵐の影響で止まっていて・・
駅で2時間以上足止めされてしまいました。
華やいだ気持ちもしぼんでしまいますよね~。

やっと動き出したと思っても、徐行と停止の繰り返しで・・
何時に静岡へ帰れるのか分からない状況で、
唯一、私を慰めてくれたのは、iPodの中の「マリア・カラス」でした。
正に、珍道中でした!
おしまい。

休日
最後に休んだのいつだっけ???
ま、とにかく久々の休日です。

と、言っても、いつものように5時起床、朝食、
5:20~1時間のサイクリング・・
ニュースを観て、2時間の昼寝・・入浴、身支度。
昼から茶道の稽古(約2時間)で、とりあえず店に来て
今、ブログを更新中・・。
ここまでは、いつもと同じ。

せっかくの休みなのにね・・ヤレヤレ。

でも、ここからが本番です。
これから電車に乗って「ショート・トリップ」です。
静岡に帰るのは真夜中・・きっと良い感じの酔っ払いでしょうけど(笑)
あっ、もし、どこかで遭遇してもシカトで、ど~ぞお構いなく!
さて・・行ってきま~す!

先ずは、軽~くジャブから・・
琥珀のシーズンを迎える前に
ウォーミングアップ的にジャブから!(笑)

oldbtwky.jpg

左から・・

【マクドナルド】'90年初頭に流通していたモノ。
マニアック過ぎてデータがありません・・。
昔、銀座のモルトバーで飲んだ事がありますが、良い酒でしたよ♪
当時の「世界の名酒事典」で紹介されているとは思いますが・・。

【ティーチャーズ12y】'90年代初頭に流通していたモノ。
このトールボトル12yは、あまり見掛けませんし、珍しいと思います。

【グレンモーレンジTEN】 少し前まで出回っていましたね。
最近では、すっかり市場から姿を消しつつありますね。
是非、今のうちに!

まぁ、取りあえずは“琥珀のシーズン到来前の挨拶代わり”って事で!



夜長月
9月です。
まだまだ残暑が厳しいですが・・

毎朝のサイクリングでも四季の移ろいを感じます。
何気に携帯で撮ってる写真でも、空を見ると毎朝違うんですよね~。(当たり前か?)

120901_054542.jpg
5:30頃の藁科川の土手から・・

120901_055326.jpg
牧ヶ谷橋から見た藁科川

写真といえば・・
3年程前から、趣味でカメラを始めたという
お客様に「写真集」をお借りしました。
私は、絵画や写真など、アート的なセンスが微妙なので
意見を求められても、気の効いたコメントはできませんが・・。

カメラの腕も随分と上達されたのでは?と尋ねると・・

「テクニック的に上達しても、感性が衰えたら意味がないからね」
と、いう深いお言葉に感じ入りました。

私も、ここ数年、同じ事を考えていたので、とても印象的でした。

スキルを極めて一流を目指すやり方もあるかも知れないけど・・
スキルはそこそこで良いけれど、感性だけは常に磨いていたいと思うから。

いつも何かに感動していたいじゃないですかぁ~
ドキドキが沢山ある人生って、断然楽しそうじゃない?
ねっ、I原さん(^^ゞ