FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



King が愛した GUITAR MAN
エルヴィスの初代ギタリスト兼、マネージャーと言えば
「スコッティ・ムーア」
カントリー畑出身で、ギャロッピング・ギターの名手。
初期のRockabilly Soundには欠かせない人物です。

中期から晩年まで懐刀としてエルヴィスを支えてきたのは
「ジェームズ・バートン」
Rock 'n' rollは勿論、エルヴィスの幅広いリクエストに対応できる
確かな技術をもつ唯一のギタリストじゃないかな?(バンドリーダーも務めた)

そして、もう一人、忘れてはいけない。
ある時、カー・ラジオから流れる曲に惚れ込んだエルヴィス。
そのオリジネーターである「ジェリー・リード」に早速ラブコールを送った。

「俺のバックでギターを弾いてくれ!」

天下のエルヴィスから直々の御指名ですからねぇ~。
本人が一番驚いたでしょうね。

完璧主義のエルヴィスが愛したギタリスト達。


kingloveg.jpg
Guitarman

8月16日は、エルヴィスの命日。

「リメンバー・ザ・キング!」

スポンサーサイト