FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



忠臣蔵と新宿三丁目のBAR
久々の東京です。

まず向かったのは赤穂義士が眠る地【泉岳寺】

そう「忠臣蔵」です!

sengakuji.jpg
kuranosuke.jpg

実際に、この地を訪れると感慨深いものがありました。
義に生き、主君の無念をはらすべく、その命を散らした名もなき武士達・・。
吉良邸討ち入りのシーンが甦ります。

さて・・
電車を乗り継ぎ向かったのは「新宿三丁目」
3年ぶりかな?

先ずは、17時ジャストに「ブリューダー」さんへ。
扉のガラス部分と、店内奥の窓がステンドグラスに変わっていて
更にグレードアップされた素晴らしい空間。

「以前いらした時に、バーをやっていく上でフードは必要ないのでは?
という話しをしたと思うんですが・・もはや“かわき”だけになりました(苦笑)」
と語ってくれた菅野氏。
既に「ブリューダー」のスタイルを確立できているのだし、良いんじゃないかなぁ~と。

時代の流れの中、「何でもあります!」というファミレス的な利便性が求められる
この頃だけれど・・だからこそ、本来バーがあるべき姿勢を貫く事は立派です。
bar1.jpg


さぁ、18時だ、「ル・パラン」さんへ。
扉を開けた瞬間、本多氏が迎えてくれて、お互い驚きました。
ここは、いつ訪れても期待を裏切らない、洗練された空間がキープされています。
正に「純然たる大人の為のバー」だ。

先日、京都のフルマラソンを完走したという本多さん・・
京都好きも周知の通りだが、何処に向かっているのだろう???(笑)
bar2.jpg


まだまだ行きます!「スティング」さんへ。
年賀状やDMなど、いつも頂いていて、行かなきゃな~と思っていました。
深澤氏は、近々「静岡バー巡り」を計画しているそうで
意外に早く再会できそうで楽しみだ。

本多氏や深澤氏と話した事なのですが・・

都内でも、若者の酒離れが深刻だそうで、
バーテンダーを志す若手も、年々減少の一途を辿っているのだとか。

恐らく、全国的に同じような問題を抱えているのだと思う。
しかしながら、一過性の事では意味が無いと思うし、
草の根運動で地道にやっていくしかないのが現状なのかな。。。
「バー文化」というのは継承していくのは難儀な事なのかもしれません。
bar3.jpg


さて、ラストは「ティツィアーノ」さんにお邪魔しました。
こちらでは、都内にお住まいのお客様と待ち合わせです。
1時間程でしたが、無事合流でき楽しい時間を過ごせました。

こちらは珍しく女性バーテンダーが切り盛りするバー。
フルーツカクテルが得意で、ボストンシェーカーを巧みに操ります。
鎌田さんは、静岡に縁があるそうで、時々いらしているそうだ。
そのうち静岡でお会いできたら嬉しいですね。
bar4.jpg

大都会でありながら、どこか懐かしい雑多な街「三丁目」
どちらの店も、本当に素晴らしいバーでした。
良い刺激を沢山頂きましたし、シンパシーを感じる事も出来ました。

相変わらずの「超特急弾丸ツアー」でしたが、充実した休日を過ごせました♪

「忠臣蔵」と「新宿三丁目バー巡り」、これにておしまい<(_ _)>


スポンサーサイト