FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



日本中を翻弄し続けた1年でしたね・・
さて、2011年もいよいよ終わり。
こんなに日本中が頭を抱えた年は戦後以来でしょうね。

私も色んな事がありました。
悪夢の震災前日、体調を崩してしまい・・
3,4,5月と(一週間程でしたが)立て続けに入院しました。
不徳の致すところです。
正直、病院のベットで「終わった・・」と思いました。

病室のテレビを付ければ、まるでパニック映画のワンシーンみたいな
津波の映像が何度も何度も繰り返しているし・・
ここ数年の不況に加え、畳み掛けるような出来事でした。
そして・・まさかの入院!(ショックは隠せませんね)

「我が人生、最悪の時」と思わずにいられませんでした。

でも、最悪な事を覚悟しながらも、仕事がしたくて仕方がない自分がいました。

元気にさえなれば、また仕事が出来る!
例え、お客様が一日に一組、二組だけになったって胸をはってやろう!!って・・。

時に、自分には、この仕事は不向きなんじゃないか?と
自問自答した事もあります。
だけど、なんだかんだ言ってこの仕事が好きでしょうがないって事を再認識する
良い機会になったと、ポジティブになれました。

好きな仕事に出会えてラッキー♪
25歳で一国一城の主だぜ、ラッキー♪

本当にシンドイ一年でしたが、なんとか踏ん張れました!
ハートだけは折れませんでした。

さて・・話しは変わります。
本年も沢山の素晴らしい映画に出会いました。
恐らく、劇場で50本? DVDで300~本位かな?
特に印象的なものをチョイスしました。

「ノーウェア・ボーイ」 「太平洋の奇跡」
「ブラックスワン」 「モールス」 「日輪の遺産」
「死にゆく妻との旅路」 「海洋天童」 
「一命」 「山本五十六」

振り返ればきりがないですね~。
そんな中で、ナンバーワンは・・・・

「小さな村の小さなダンサー」ですね。
この作品は本当に素晴らしかった。
まぁ、泣いた・・良い歳して嗚咽が(笑)

きっと、皆さんも色々あった一年でしょう?
歴史に学べば、日本という国は、どん底から這い上がる時のパワーは世界随一の国!
大和魂を見せつけてやりましょう~!!

因みに明日の大晦日の営業は21時迄となります。

スポンサーサイト



太平洋戦争70年目の真実
今朝のトップニュースはフィギュアスケートの話題で持ち切りでした。
大ちゃん、真央ちゃん、凄いねぇ~、あっぱれ!です。
ここぞという時に決めてくれるのがスパースターってもんだ・・やっぱ持ってるよなぁ♪

さて、Xmasも終わり、年末ムードたけなわですが・・
お客様からお裾分けのケーキを沢山頂きカロリーが心配なアラ40です(-_-;)
まだヌーヴォーすら飲んでいないのに、今年も終わろうとしています。(ヤレヤレ・・)

そんな訳で、厳しい朝の寒さが残る中、劇場に向かいました。
年末らしく華やかに「ミッションインポッシブル」でも・・と思ったけれど
日本男児として、この作品は絶対に観なくては!

「山本五十六」です。

ただ一人、全国民とは真逆を向いていた男です。

「広い視野で世界を観ろ! 観て、聴き、感じろ・・」といった台詞が印象的でした。
誰よりも、国民の為に反戦を唱えたにも関わらず、
開戦(真珠湾攻撃)の指揮をとる事になった歴史の皮肉。。。
狂った歯車を止める事が出来たのは「五十六さん」だけだったかもしれない。

今の日本は、こんなヒーローを求めています。

マジョリティの声だけが全てではないはず・・。

本質を見抜いて「ノー!」と言える毅然たる勇気が大切だ。
五十六さんの台詞を借りれば・・「観て、聴き、感じろ!」ですよね?

素晴らしい作品です、是非、劇場で・・ 
五十六

今更なんですが・・
オリジナル・カクテルの創作ってあまり積極的じゃないし・・
ロマンチックな名前付けるのも気恥ずかしいので「オリジナル」は
殆ど作りません。

ただ・・スタンダードのカスタマイズや、フルーツを使ったカクテルは
やぶさかではない(^^ゞ
四季を彩るフルーツを使ったものなどは、元コックの経験を存分に発揮します。

カクテルって料理と似ています。
酒+酸味+甘味の黄金バランス。
料理なら、出汁+醤油+味醂・・みたいな。(違うかぁ~?!)

この秋・冬に意外にリピーターが多かったのが
【柿とダークラムのスムージー】です。

毎年、この季節には柿を使ったカクテルを作りますが、
今回は「和菓子」をイメージしました。

茶道の稽古の時に出る「練りきり」がヒントでした。

黒糖をイメージし、ジャマイカ・ラムをベースに。
柿は香りが乏しいので、補う意味でグランマニエを少々・・
皮をむき冷凍した柿と共にミキサーにかけ完成♪

トロッとした口当たりに「和」を感じる優しい甘味。。

本来は、始めた時にお知らせするのが普通ですよね?
実は、もうすぐ終わりです・・。
本当~に、そういう事に疎いんです(-_-;)
「ど~でもいい記事書く暇があるなら告知をマメにしろ!」って怒られそうです(T_T)

もうすぐ苺も旬を迎えますし、フルーツトマトも始まります。
なるべくマメにその辺の事も告知できるよう努力しますね。。。



変わり種的な
ハイランドパーク1998 / 12y 免税店限定品

定番の12年が空いたので、ちょっと変わり種を購入しました(^^ゞ
プライスも定番の12年と同じで良いですよ♪(アバウトなんで・・)

HP1998.jpg
こちらはシングルヴィンテージ物になります。

*やっとレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行ってきました。
苺&シャンパーニュのカクテル「レオナルド」始めました♪
デカプリオちゃいますよ・・(ーー゛)


聖夜にアカペラでも・・
街はすっかりXmasムード一色で
イルミネーションもラヴァーズのムードを盛り上げていますね。

知人の店でもXmasメニューやら、年末スぺシェルとか
色々工夫しています。

そんな中、当店ときたら年中無愛想な店内で・・(-_-;)

今年は特に何もやらないので・・(>_<)
せめてBGMくらいはムーディーな感じで・・っていうか
私的には、ベタなXmassongよりも
ゴスペルやアカペラのほうが「聖夜」ってイメージなんですよね♪

そんな訳で、この季節限定で、時々アカペラをかけています。
ずっとだとシンドイのでたまにですが・・(^^ゞ
doowop.jpg

達郎もなかなか良いですよ♪

「ザ・静岡」なフレンチ?!
少し早いXmasと忘年会を兼ねて友人と三人で
テツヤ・スギモトへランチに伺いました。

ここはメニューがあって無いようなものなので(-_-;)
「5千円でシェフのお任せ!」と下駄を預けてしまうのが一番だ。
その方が良い物を出してくれますよ・・きっと(笑)

創作料理というカテゴリーはあまり好きじゃありませんが、
フレンチだろうがイタリアンだろうが、地元の食材を追求した結果
和食に近づいていく・・というのは「アリ」だと思う。
そこには「愛」がありますから、「創作」とは違うな。

ま、相変わらず孤高のシェフの料理はサプライズの連続だ。
普通のフレンチを求めるならお薦めしませんが・・
前述べの通り“ここはカテゴライズすること自体がナンセンス”と心得たい。

今回の料理のテーマは「ザ・静岡」地元愛に溢れています。
本当っ~に目から鱗ですよ。
今年最後のランチ会なので贅沢なワインをチョイスしました(^^ゞ
IMG_0576.jpg
 アントレ「温泉卵風」ミカンのピュレにお茶の香り・・

IMG_0582.jpg
ワラサ 絶妙な火入れは流石!
 
IMG_0588.jpg 色々なカブ

IMG_0594.jpg
 鯛 ヒジキのソースで・・

IMG_0596.jpg
メインの「ポニー」モモ肉とバラ肉をそれぞれ・・  初めて食べました!

IMG_0601.jpg
 デセール「ショコラ生姜風味と味噌のアイスクリーム?! よっ、この変人!(笑)

IMG_0571.jpg
IMG_0584.jpg
ワインも美味でございました♪
*写真提供アッキー





南極大陸~最終話
タロ、ジロの真実の物語・・・

映画「南極物語」で結末は分かっていたけれど・・
やっぱり最終回は涙無しでは語れませんね(T_T)

南極大陸


映画ではタロ、ジロの物語がメインでしたが、
今回のドラマの素晴らしかったところは
「戦後」という時代の苦悩・・そこから這い上がろうと
立ちあがった名もなき男達の物語が詳細に描かれていたところだ。

「社会派ドラマ」としても骨太な熱いメッセージをぶつけてくれました。
2011年は日本にとって色んな事があった年でしたけれど・・
「腐らず、諦めず、明日も頑張ろう!」と勇気を与えてくれた作品でしたよね!

視聴率も良かったと聞きましたが・・
そんな大人の事情なんかじゃなく、
多くの日本人が観ていたという事は、こんな時代だからこそ
多くの人々が欲してた物語だったんですよね・・きっと。 




この三姉妹ったら・・
笑える動画見つけちゃいました♪

くだらねぇ~~!!
って感じなんですが・・結構、私的にはツボなんですよねぇ~(^^ゞ

暇つぶしにど~ぞ・・

ものマネ三姉妹



BLUE
【キッズ・オールライト】という映画の中で

「ジョニ・ミッチェルの“ブルー”は名曲揃いの名盤だ!」
といった台詞がありました。

ジョニMブルー
久々に聴きましたが、確かに良いアルバムですね(*^^)v

冬の冷たい風が吹く頃に、一人静かに聴きたいアルバムです。
リアル・スティール
泣ける作品として評判ですよね~。
私的には、ロボットがボクシング???って感じで半信半疑でしたが・・

確かに良質な娯楽映画です。
泣けはしなかったけれど、グッとくる場面は何度かあります。

「ロッキー」をベースにしたようなストーリーで
ハリウッド的なハッピーエンディングも良い。

特に子役が凄く良かったですよ。

しかしまぁ~、映画もここまでリアリティに迫ると・・
思わず「ガンダム」の実写版も不可能ではないんじゃ??なんて考えてしまった♪
*ガンダムファンではないけれど・・世代的にねぇ(-_-;)
リアルスティール
是非、劇場でご覧下さい<(_ _)>

あの頃、ぼくらの合言葉はT.Wだった・・
マッチボックス時代からの古いお客様が
久しぶりに、ふらりと当店を訪れました。

あのテキーラ好きだった青年も、すっかり大人だ。

彼女から「妻」へなりました。

「妻」が母親になります。

結婚後は、当店を訪れる回数もめっきり減ったけれど
節目には、こうして報告次いでに元気な顔を見せてくれている。

そして今回は・・
「マイホーム」を手に入れたという報告でした。

「僕も若い頃は、夢もあったけれど・・
 今思えば平凡な人生ですよね~、
 夢よりも家族を守る事を選択しました、後悔はしていませんよ!」と。。

彼は私にない物を全て手に入れたわけだ。

「勿論、子供は凄く可愛いし大切だけれど・・
 ひとつ残念なのは、妻と二人で過ごす時間が減ってしまった事。
 昔みたいに、一緒にバーで呑みたいんですよね。」と、惚気ていました。

そんな彼が、当時を思い出したのか「テキーラ」をオーダーしました。

私も、そんな彼のノスタルジーにお付き合いを・・

少し照明を搾り、BGMも「トム・ウェイツ」に変えました。
薄暗い深夜のバーに最高にマッチします♪

「あっ、このアルバム、クロージングタイムですよね!」と喜んでいました。

当店もそろそろ閉店時間(クロージングタイム)過ぎていますからねぇ(笑)

僕らの合言葉は「トム・ウェイツ」だったね。
かくして深夜まで語り合いは続きました。。

トム・ウェイツ

年末年始の営業
なんだか寒かったり、暖かかったり・・変な陽気ですね。

さて・・
師走です、最後の月が始まりました。
(今のところ)年内は休まず営業致します。
*変更があるようなら逐一ブログにて・・

◎大晦日(31)の営業に限っては21時迄とさせて頂きます。
◎年始も休まず営業致します。

ところで・・
そろそろ「忘年会シーズン」が始まる頃ですが・・
当店では通常通り【グループでの入店不可】となっております、ご注意下さい。

宴会シーズンこそ、喧騒を逃れ、静寂を約束された「止まり木」で
自分だけの時間を愉しんで頂きたく存じます<(_ _)>

慌ただしい月だと思いますが・・
くれぐれもお疲れが出ませぬようご自愛下さい。


スタンダードですけど・・
s-b,10y
スプリングバンク10年ブラック・ラベル旧
(ハーフ・ボトル)

ちょっと前まで普通に流通していたモノです。

もともと生産量が少ないせいか?
既に市場から姿を消しつつありますね。(若干高騰気味か?)
たまたま見つけたので衝動買いしてみました(^^ゞ
レア物じゃぁないけれど・・「ハーフ」なので早い者勝ちですよ~(笑)

勝手にしやがれ+
【勝手にしやがれ】は、JAZZの不良っぽさをROCKのフィルターを通した
ゴキゲンなサウンドを生み出しているバンドです。

昔、「ネオ・スウィング」、「スウィング・ロック」とか呼ばれていたジャンルで、
ま、かなりマニアックなシーンなんで世間的には知られていないかも・・ですね(-_-;)
とにかく、カッチョイイ~バンドなのだ♪

最近、無性に聴きたくなって、自宅の押入れからCDを何枚か引っ張り出してきました。
原点回帰の兆しか・・?!
neo-swing.jpg

アラ40だっていうのに、気分的にはいつまでもガキなんですよねぇ(ーー゛)

で・・
またレアな映像見つけたんでご紹介します!
ボーカル(ゲスト)に注目!! まさか・・のサプライズですよ~♪

泣き面に蜂・・
毎年クリスマス・シーズンが近づくと「まだか、まだか」と
催促を頂く【ペルシャザクロ】は、ジャックローズやバカルディ・カクテルに使う
「自家製グレナディン・シロップ」には欠かせないアイテム。

ですが・・悲しいお知らせがありました(-_-;)

なんと今年は「大ハズレ」の不作年となったそうなのです! ガ~ン!!(>_<) 

なんでも、ザクロの害虫であるセミが大量発生するという事態が起きたそうで・・
ザクロ原産国イランでは現在も「無農薬」を貫いております。
今回も例外なく、昔ながらのやり方で、農薬も殺虫剤も使う事なくがんばったそうなのですが・・
その努力空しく回避は出来なかったそうなんです。

かなり収量を落としてしまった為、価格は高騰、質の良い物の入手困難・・
正に「泣き面に蜂」です。

昨年も、輸入はされたものの、諸事情により全て破棄されたと聞きました・・。
これで2年連続です(T_T)

そんなわけで、残念ながら今回も入手する事は出来ませんでした。
また別の方法でシロップを作るしかないようですね。
やはり農作物ですからね・・また来年に期待しましょう。  ああ、無念。