FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



アントキノイノチ
元気ですかぁー!
って・・元プロレスラーのアノ人には了解頂いているらしいが・・
どっちかっていえば、アノ芸人の方でしょ?って(-_-;)
最近見掛けないけどね・・ま、ど~でもいっかぁ。

さて。。
比べるべきではないのは承知で、
「おくりびと」と同様の重い「死」がテーマである。

この作品では、いじめ、ウツ、孤独死・・と現代社会が抱える
影の部分が縮図のように描かれています。

やはり比べてしまうが・・
「おくりびと」ほど琴線に触れる作品ではありませんでした。
まぁ、私個人の意見なので参考にはならないが・・。

「遺品整理」という職業がこういうものなのか・・と考えさせられました。
これはこれで「死」というものを再認識させるメッセージがありました。
是非、劇場でどうぞ。
antokino.jpg
↑このユニフォームのデザイン、スイングトップ風で悪くないですね。
'50s風にデニムとかコーデュロイ生地なら欲しいんだけどなぁ(^^ゞ

スポンサーサイト



GOKIGENなナンバーを・・♪
深夜のTSUTAYAの店内で流れていたマブイ曲。

The NeatBeats

もはや、2011年も終わろうとしているのに・・
時代錯誤もいいとこだけどさ

「不変の格好良さ」があるとすれば、コイツですよ、間違いなく!
ちっとも変わらないロッケンローは不滅です♪


宣伝部長に感謝!
何だか、急に寒くなったと思ったら
暖かい日があったりと・・寒暖差が激しいですね。
時節柄ご自愛くださいませ。

さて。。

あれよあれよという間に11月も後半じゃぁありませんか!
長引く不況の中「簡素清貧」を座右の銘に励むこの頃・・(T_T)

ところで。。
最近、珍しく一見のお客様が続きました。

口コミやご紹介が殆どなんですけどね。
この「口コミ」なんですが、陰ながら当店を応援して下さる
【愛すべきマイノリティ】な方々が宣伝部長を務めて下っているようです。

「有難き仕合わせ、恐悦至極に存じます」<(_ _)>

でも・・こういうケースは稀なんですよねぇ~。

当店の常連様ときたら・・
「マスターには悪いけど、一切この店を紹介する気はないし、誰かを連れてくる事もないから!」
と、断言している方が殆どですからねぇ~(>_<)

ま、これも「愛情」だと思いますし、また有難くも思います。
お客様が当店の「秩序」を守って下さっているのだと・・心得ております。

(意外に皆さんお気付きでないようですが・・)
静岡のバーは、若手の店もベテランの店も、殆どが同価格帯でやっていますので
初心者の方でも「バー・ホッピング」しやすい街だと思います。

やはり、何年やっていても「新しい出逢い」は嬉しいものです。

これからの「宴会シーズン」、街の喧騒から逃れ、「ホッ」と一息つきたい時には、
当店の扉は重いかもしれませんが・・是非、大人の止まり木へどうぞ。
注)お一人、もしくはお二人で・・


美しすぎるピアニスト
天は二物を与えるんですね・・
選ばれし者には。

売れっ子アイドルってだけでCDデビューとか、
映画デビューなんて話しを聞くと

その道で本気で頑張っていても、
日の目を観れない人も沢山いるのになぁ・・なんて考えてしまう。

でも、こんな人が現れると「いるんだよね、選ばれし者が!」と嬉しくなった。

美しい人

今回はシュールなネタでした(^^ゞ

プチ贅沢なランチ会
先日、久しぶりにご近所の「ラ・タッツァ」さんへランチに伺いました。

今回は、知人のソムリエ合格祝いと、研修生のBDを兼ねての会となりました。

ダブルの御祝いという事で、ラ・ロシュのセラーから
ヴィンテージ・シャンパーニュと、
こなれたボルドーを1本ずつチョイスし、持ち込ませて頂きました。

料理は、アンティパストミスト、プチ・サラダ、本日のパスタ(ハーフ)、
本日のリゾット(ハーフ)、パン、ドルチェ、食後の飲み物・・という
我がままなコースを、無理言ってシェフにお願いしました(忙しかったのにゴメンネ!)
これに、ワインの持ち込み料を込で、なんと一人¥2200程。(安!)

ワインのコンディションも料理との相性もバッチリでした。

アンティパストから手を抜かず、相変わらず良い仕事していますし
シェフの作るパスタ、リゾットは本当に美味しい♪
皆、ご満悦でした。

久しぶりに「プチ贅沢なランチ」を満喫できました。



黄金比カクテル ~SOURの悲劇?!
先日のこと。。

研修生に、たまには一杯飲んでく?
御馳走するからさ、飲むのも勉強だよ。と、声をかけました。

「では・・普段飲まないカクテルを頂きます・・
 ウィスキーサワーって、店によって随分違う気がするんですが、どうなんでしょう?」

と尋ねられました。

へぇ~、良い所に気が付いたね。と
まず、バーボンとスコッチの2種類のウィスキーサワーを作りました。

そもそも、「サワー」ってどんなイメージ?と尋ねると
「酸っぱくて、シュワシュワしてるような・・」との事でした。 

やっぱりな・・。
残念ながら、殆どの方が同じイメージを持っていると思います。

まず、チェーン店の居酒屋さんで出している「焼酎サワー」のイメージが強い。
時代の流れか炭酸でUPした「フィズ」的なモノと混同しているみたいですね。

BARのサワーは違います。
サワーとは「酸っぱい」という意味。(シュワシュワの代名詞じゃありません!)

でも、ただ酸っぱいだけなら美味しくはないし、バランスも悪いでしょう?
たっぷりとレモンジュースを使うけど、酸っぱくならない。。
そこが、バーテンダーの腕の見せ所ってヤツだ。

そんな説明をした後、これは「遊び心」だけど・・と、
「ラフロイグ」をベースにしたウィスキーサワーを作りました。

ひとこと「ウィスキーサワー」といってもバリエーションは多様にあります。
ライ、カナディアン、アイリッシュ、ジャパニーズ・・
ウィスキーベースですが、「これ」という決まりはありません、だから面白い!

「酎ハイ文化」がもたらしたサワーのイメージを
我々バーテンダーが正していくのが務めなのかもしれませんね(^^ゞ

この「SOUR」という黄金比カクテルを、もっと知って頂きたいものです。

因みに、当店ではガーニッシュなしの「ショートカクテル」としてお出ししています。(横着者なんで・・)
*ちゃんとしたバーで飲む事を、強くお薦め致します<(_ _)>

    
マネーボール
早速観てきました。

いわゆるスポーツ映画じゃないし
ラブストーリーでもない。

ま、「社会派」作品ですね。

ブラピ・ファンには少し物足りなさが残るかもしれませんね?

「先駆者は叩かれるのが世の常・・」のような台詞がありましたが
本当にそう思います。
フロンティアは孤独ですね・・。

新しい道を開拓するのは骨が折れるけれど
いざ、そこに道が出来てしまえば
初めからそこに道があったかのように人は歩いています。

でも、肝心なのは「やり続ける事」なんですね。
人生は意外に奥深い・・そんな事を教えてくれた映画だ。

mb.jpg

PS 俳優ブラピ作品が観られるのも後3年・・(>_<) 是非、劇場で!!



レアなBourbon 
「ストーン・ジャグ」自体すかっり見掛けなくなったこの頃..

ヘンリーマッケンナ10y・スペシャル101proof

私の記憶では18年程前に、ほんの一瞬だけリリースされたモノですが・・
実際、バーや酒屋さんでも、まず見掛けた事がありませんでした。
全国的にみても、恐らく多くは輸入されていないのかも・・。

パッと見た感じでは普通のストーンジャグと同じようなデザインですが
茶色ではなく、こちらはブルーの文字が印象的です。
アルコールも101pです。

hm-sp.jpg

hm-spl.jpg
*こちらがスタンダード

バーボン・ラヴァーの方、お見逃しなく!
当店の在庫もこれが最後の1本となりました(T_T)

たまには「Bourbonのオールドボトル」は如何でしょう?



若きアーティスト
ひょんな事から、一枚の絵画を御預かりする事になりました。
しばらくの間、折角なので店内に飾らせて頂きます。

今はまだ名もなき若きアーティストの作品ですが・・
良ければご来店の際にご覧くださいませ<(_ _)>

art.jpg


狂っちゃいないぜ!
前回の【ポートエレン】はいわずもがな・・

そして・・今回も「虎の子シリーズ!?」
「閉鎖蒸留所」の入手困難な逸品!

市場から消えつつある、北ハイランドの幻のモルトです!!

グレン・アルビン1964(~'89) /25y

シグナトリー・ヴィンテージ・スコッチウィスキー(オールドボトル)
20年以上前の、90年代初頭に流通していたモノ。
(まだ勤め人の頃に購入したヤツですね)

SG-GA1964.jpg

*恐れながら・・お客様にも「グレン・アルビン」について勉強してからトライして頂きたい<(_ _)>


なんか・・モルト・バーでもないのに気張り過ぎですかね?
「アイツ、ど~かしてるぜ!?」って・・懸念はいりませんよ・・全然(^_^;)

春・夏とハードリカーは控えていましたからねぇ・・
絵に描いた餅じゃないんでね~、
年末に向けてちょっと贅沢なモルトを愉しんで頂きたく思います。

【お詫び】コルクがヤバそうでしたので、開栓させて頂きました。
     ついでに(ちゃっかり)テースティングも・・・
     コンディションはバッチリでした♪ 「美味でございますぅ~~♪」でした(^^ゞ




キタッー!!!
市場から姿を消しつつある幻のアレ・・・

もはやコレクターズ・アイテムとなった【閉鎖蒸留所モルト】といえば・・

ポートエレン

RARE MALTS SELECTION PORT ELLEN 1978 20y Limited Edition

ポートエレンらしさを求めるなら、この位のエイジングが限界かも?
現在では長熟のモノしか出回っていない為、円熟期を味わう事ができるのは
今となっては本当に稀な経験と言えます。
 
 *当店のストックも残り数本です・・(>_<)
  ポンポン気軽に開けられる代物じゃぁ~ございません!

PE=UDR.jpg

当然、その希少価値を加味すれば価格も青天井とも言われています(T_T)

されど、案ずるなかれ!
当店のお客様には「適正価格」にてご提供させて頂きます♪
「昔の値段で出ています」(笑)


さぁ、早い者勝ちだぁ~!売り切れ御免!! 


J-POPでも・・
TSUTAYAさんで「CDレンタル2枚無料券」を頂いて
たまにはJ-POPでも聴いてみましょうか?
と・・物色しましたが、何せ私、今時の音楽は???でして(-_-;)

散々悩んで選んだのは・・

【EGO-WRAPPIN'】ないものねだりのデッドヒート
 このバンドは好きでCDも3,4枚持ってます。

もう一枚は

【コブクロ】 ALL COVERS BEST
 ユーチューブで時々拝見させて頂いていましたが・・
 まぁ、唄上手いですよね~。 このアルバムは名曲集ですが
 選曲が気になったんで・・(^^ゞ

CD rent

これから一週間、スタンバイ時&閉店後にバッチリ聴き込みます♪


ミッション8ミニッツ
これだけ話題になっているのに
静岡では最近まで夕方以降しか上映せれていなくてさ(ーー゛)
思わず受付にクレームを言った程でした(別にクレーマーじゃありませんよ!)
で、ようやく昼の時間帯もやるようになり、やっ~と観ることが出来ました(-_-;)

さて・・
何の前触れもなく、いきなり物語は始まります。(ちょっと戸惑います)
前半からテンポよく、ノンストップのジェットコースターみたいに
観る者を翻弄するストーリー展開・・ 『瞬き禁止の90分!』

「月に囚われた男」も度肝を抜かれたけれど・・
今回も、この新感覚サスペンスは、かなり愉しめました。
この発想はありそうでなかったし、ラストもハリウッド的で良いんじゃないか?


是非、劇場でご覧下さい<(_ _)>
m8m.jpg

ずっと好きだった
斎藤和義×YUI ♪ずっと好きだった
このコラボ良いネェ~。

CDを買う程熱心なファンではないけれど・・
どちらもSSWとして好きだし、時々Youtubeで愉しんでいます。

YUIって、とびきりの美人じゃないし(可愛いとは思うけどね)
歌唱力もずば抜けているとは思わない・・(勿論、上手いですけどね)
ストリートで歌っている女の子って感じがします。

ただ・・彼女には「何か」を感じます。

ストレートでナイーブな痛々しいまでの歌詞や、アコギをかき鳴らして
顔をクシャクシャにして絞り出す歌声には不思議な魅力があります。
どことなく、デビュー当時の「尾崎豊」を彷彿させる(最上級の讃辞)

グループアイドル全盛のこのご時世に、アイドルでもR&Bでもない。
彼女の存在は、まるでひと筋の光のようで・・思わず応援したくなるんですよね。

これからも良質なサウンドを作り続けて欲しいものだ・・
エンタメ(娯楽性)の追求ばかりでは音楽の本質は死んでしまうから!
こういうミュージシャンには頑張って頂きたい!!
yui.jpg




タンゴとブラックコーヒーと・・
20年程御世話になっている【喫茶店】があります。
ある時・・マスターに
「ピアソラのCD欲しいんだけど、近所のCDショップじゃあまり扱ってない
 みたいで・・何かお薦めのアルバムある?」と尋ねられた事がありました。

この店は基本JAZZなんですが、クラシック、ボサノバ・・と幅広く流しています。
中々選曲の趣味が良くて、そこもお気に入りの理由かも。

で・・次に訪れた時に紙袋一杯のタンゴのCDを持参しました。
そんなに持ってないんだけど・・良かったらしばらく置いていきますので聴いてみて・・と。

あれから1年程になりますが、時々タンゴが流れてたりして
意外に「ピアソラとコーヒー」も悪くないな・・と小説を読みながら
自分だけの時間を愉しんでいます(^^ゞ

そういえば・・
先日、同業の先輩と話した事なんですが、先輩曰く
「俺の知る限り、本当にJAZZが好きで店で流してるバーって意外に少ないと思うよ
 少なくとも俺の周りはロック好きが多いからなぁ」・・と。

日本のバーでBGMっていうとJAZZが圧倒的に多いと思います。
お酒との相性を考えるとJAZZが無難かもしれないけれど・・
店主のアイデンティティが伝わってくるBGMも私は好きです。

「ステイ・フーリッシュ」は、常識に捕らわれず、チャレンジしろ!と解釈しています。
良い意味で、お客様の期待を裏切っていきたいものです。

ピアソラ
タンゴとブラックコーヒーと小説・・癒されてます(^O^)



映画「スマグラー」公開記念?!
っていうのは嘘ですが・・(-_-;)
まぁ、「スマグラー」を観て、そういえば持ってたな・・
っとキャビネットの奥から引っ張り出しました。

ところでこの映画は、私的には面白かったんですが(突っ込み所満載ですが)
グロかったり、かなりバイオレンスなので苦手な方にはお薦めはしません・・(^^ゞ

この監督って反骨精神っていうかPUNKなんですね・・spiritが。
smugler.jpg


さて・・本題。
映画のタイトルは「訳ありのブツの運び屋」ですが・・
こちらは「老いぼれの密造者」のこと。 *密造酒も「訳ありのブツ」に違いないが。。

【オールド・スマグラー ’70年代】特級表示(760ml)


sumgrer.jpg

いささか当店にも70年代(760ml)のモノは残り僅かとなりました。
オークションは一切やらないので、コレクションは全て自分の足で見つけたモノとなります。

ですから、箱はかなりくたびれていますが・・(>_<)
さにあらず「旅」はしていないのでコンディションは良さそうです。

追憶の美酒を・・・。