FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



王城の護衛者
戦国、幕末ときて最近は明治初期に関心があります。
歴史に明るいお客様に、そんな話しをした時に紹介して頂いた本です。

明治というより、幕末から明治維新を(敗者)会津藩、
松平容保の立場から描いています。(佐幕派)

会津の気質といえば・・「ならぬものはならぬ」という生真面目さ。
時を遡れば、徳川二代将軍「秀忠」からの血筋だそうだ。

その真面目さが後に災いすることになるなんて!!
そこが歴史の皮肉なところだな・・。

京都守護職といえば、大好きな「新撰組」も登場していますが
いわゆる京都時代の華やかな活躍ぶりではなく、
容保と共に、正義に散っていく姿が描かれています。
そんな一面をもっと知って欲しいと強く願います!!

幕末の関ヶ原(戊辰戦争)
「鳥羽伏見の戦い」「会津の戦い」では胸の引き裂かれる思いでした。
これが会津の悲劇、武士の時代の終焉・・・。

katamori.jpg
「義に死すとも不義に生きず」 容保の辞世の句と言われています。
やりきれない想いと無念が伝わってきます・・シンパシー(T_T)


スポンサーサイト



テツヤ・スギモトの極上ランチ
杉本シェフ渾身の2周年記念コースを堪能してきました。

3皿目位まで、ここがフレンチレストランであることを忘れてしまうほど
繊細で美しい一皿は、割烹料理かと思うほど「和」を感じます。
盛りつけの美しさ、ひと筋に引かれた何気ないソースや食材のチョイスまで
フレンチの枠を遥かに超えていて斬新でした。

シェフから料理の説明を伺えば、いちいち細部にまで行き届いた
拘りと、一皿毎に物語があってサプライズの連続です。

季節の野菜がたっぷりとお皿を彩り見るからにヘルシー。
魚や肉の火入れも絶妙で流石 杉本シェフ!

オクラの花弁の話し
醤油を使ったデザートの話し・・
目から鱗でした。

この内容で¥6300は大満足です♪
*あえて料理の詳細は触れませんが・・是非、貴方自身で感じて下さい。
わざわざ足を運ぶ価値のあるメニューですよ♪

ランチから贅沢をしてしまいました(^^ゞ
*写真送って頂いたのでUPしました!
肝心のメインとアールグレイとミカンのゼリーを忘れてますが。。(-_-;)
IMG_6639.jpg
IMG_7093.jpg
IMG_7465.jpg

IMG_7870.jpg
IMG_5809.jpg






一夢庵風流記
「天下御免のかぶき者」 前田慶次の物語。

連歌や茶の湯などに精通した文化人ながら
豪快で出鱈目な生き様を貫いた男。

もっぱら最近は映画やDVD三昧でなかなかページが進まず・・
結局2ヵ月以上もかかってしまった(-_-;)

痛快で男気たっぷりの風変わりな慶次は
裏切りや下剋上が当たり前の戦国期にあって
明らかに特異な存在だったに違いない。
そこが、この男の魅力なのでしょう・・あっぱれ!!
keiji-maeda.jpg

keiji-maeda2.jpg


釣鐘は人の器のよう・・
小さく叩けば小さく響き
大きく叩けば大きく響く・・・


龍馬が西郷の印象を勝海舟にそう伝えたそうです。

上司と部下(先輩・後輩)の関係でも同じ事がいえますよね?

鐘を叩く撞木ーしゅもくー(人間)の大きさ次第ということ・・。
強く叩けば良く響く鐘(人間)でありたいと思います。

西郷さんの懐の深さを物語る一言ですね。

遂に桃が・・ キタッーー!!
和歌山の桃名人が丁寧に育てた桃が遂に入荷しました。
【あら川の桃】本白鳳(水蜜)とろける桃です。

今週末には「ベリーニ」解禁です♪
momo-wakayama.jpg


大鹿村騒動記
歌舞伎のことはよく分かりませんが
演技派の大物俳優が名を連ねるこの作品は
見逃すわけにはいきません。

田舎町のドタバタ劇なのですが
それぞれのキャラも面白くて愉しい作品です。

それにしても原田芳雄さんの早すぎる死は残念でなりません。
好きな俳優の一人でしたから。
近年では「不毛地帯」の大門社長、「白洲次郎」三部作の吉田茂など
重厚で貫禄ある存在は本当にハマり役でした・・。
大鹿村騒動記


急いてはならぬか?
まだかまだか?とそろそろ催促の声が聴こえる
「ベリーニ」のシーズン到来なのですが・・

今年も「ファーマーズ・ダイレクト」なので
入荷の時期は農家さん任せなのです・・・。

一応、注文した時は“7月前半”との事でしたが(-_-;)
気になってHPをのぞいてみると「7月後半に出荷予定」との事でした。
今年はかなり出来が良いらしく期待できそうです!

こちらは指をくわえて待つ事しかできませんが(>_<)

少しくらい収穫を遅らせても良い物を出したい!と思うのは
拘りの造り手としての心情というものでしょう。

良きものは急いてはならぬ・・か?
もうしばらくお待ちくだされ<(_ _)>



CALPIS
先日の朝、何気にTVを眺めていると・・
「カルピスのレシピ本」が紹介されていました。
calpis.jpg
料理の隠し味に使ったり・・色々取り上げられていましたよ。

そういえば、昔、勤めていたバーのメニューに
カルピスを使ったカクテルがありましたね。
【プレリュード・フィズ】といってカンパリとカルピスを使います。

カルピスっていうと水やソーダで割るのが一般的ですが
(私の考えでは)
乳酸入りミルク系シロップという感覚で考えると
グッと幅が広がります・・(意外に使い道はあります。)

例えば・・フルーツとの相性は抜群で、特に南国系のフルーツにマッチします。
スムージー、フローズン系カクテルや・・
「會館フィズ」のアレンジでカルピスを使ったり・・
ハーブ系リキュールと合わせても面白そうですしね。

この夏「カルピス」でちょっと遊んでみようかな・・と(^^ゞ
でも、カフェじゃないんでほどほどにしないとなぁ~。
“某チェーン店居酒屋のサワー系とも全く違いますんで!”
ウチならではの「大人のカクテルに仕上げます」お愉しみに(^_-)


宇宙を ひとっ飛び! skyball
どや!この画像(^0_0^)

skyball.jpg
ここに「スカイボール」の歴史が刻まれています!!

私が生まれる数日前(1969.7)人類は初めて月面着陸に成功しました。
そんな時代背景の中、スミノフ・スカイボールは誕生しました。(タメって事か?!)
モスコーミュール同様、キャンペーンで売り出す戦略だったようですね・・(-_-;)

我が国では【旧ニッカ】さんがスミノフ・キャンペーンで
スカイボール用のマグをノベルティとして出していたそうです。

以前、元ニッカ出身の知人が当時の話しを聞かせてくれた事がありました。
「昔、九州や大阪辺りに”スミノフ・マグ”を随分配ったなぁ~~」と。


「スカイボール」は40年以上の時を超え
近年になってようやく日の目を観たカクテルと言えます。

最近まで中部・東海地方では全く知られていませんでしたから。。
殆ど普及しなかったんじゃないかなぁ??
そもそもキャンペーン自体が・・・言わずもがな(>_<) まぁ結果オーライって事で♪

因みに、最近はソニック(トニック+ソーダ)にライムジュースという
レシピも聞きますが・・
当店では「ウオッカ・トニック」とはっきり区別する為、
あえて古いオフィシャル・レシピでお造りしております。

○グラスは「絶対にスミノフ銅マグ」でなければ!
○氷は細かく砕いたかち割り
○(本来はスミノフ)スカイ・ウオッカ:30~40ml
○レモンジュース:10~15ml
○トニックUP
○レモンピールを軽くツイストして落とす ・・完成!

ようやく「スカイボール」のルーツに迫る事ができました(^O^)/
ビュッ~と宇宙をひとっ飛び!という想いが感じられる広告ですね?
これもまた温故知新・・ロマンですねぇ~。


600px-Aldrin_Apollo_11.jpg






【幕末ギャング】って言えば・・
今日は朝から「なでしこ」のニュースで大騒ぎですねぇ~
本当に勢い付いてるっていうのか、ノッてるのが素人の私にも分かります。
この勢いで行くとこまで行って頂きたいですよね~。

さて・・
先日、後輩の某バーへ行きました。
「アルパチーノ系のギャングもので、熱い映画って何かお薦めあります?」
と、唐突に尋ねてきました。

定番だけど、「スカーフェイス」「カリートの道」
あと外せないのはやっぱ「ゴッドファーザー」だろう?・・と。

さすがに、この辺は既に観てしまったようなので・・
じゃ、また思い出したらメールするから!といって店を出ました。

そして、ベッドに入ると・・
アルパチーノじゃないけど、いろんなギャング映画のタイトルが浮かんできて
後輩に直ぐにメールしました。
「パブリック・エネミーズ」 「アメリカン・ギャングスター」
「フェイク」 「モブスターズ」「ブロンクス物語」
「アンタッチャブル」 「ワンス・アポン・タイム・イン・アメリカ」・・などなど

そして最後にこう付け加えました・・
『一番アツイのは“J・ギャングスター”新撰組だよ!マジで!!』と。
直ぐに御礼のメールが来ましたが「新撰組」はスルーされてました・・
まっ~いいけどさ・・(-_-;)

テツヤ・スギモト 2th ANV
春のジョイント企画も記憶に新しい【テツヤ・スギモト】
シェフ渾身の2周年感謝メニュー。
テーマは「豊かな大地で育った静岡の食材と日本が誇る食材との共演」だそうです。
2th-anv t-sugi

どんな料理が出るのでしょうか?
きっとまた度肝を抜かれるんだろうなぁ。。楽しみですね(^O^)

\6,300
7月15~8月21日迄
☎(054)251-3051



真夜中の喫茶店
昨夜、ラ・タッツァのシェフに誘われ
サクサク片付け・・
御近所の【三毛猫喫茶】さんへお邪魔しました。

まだオープンして3カ月だそうですが
既に当店の極一部のお客様の間で話題になっているお店。

基本「喫茶」なんで夜は【24時閉店】です。
深夜に美味しいコーヒーが飲めるのは有難い!
なのに・・・
ウチの我がままなお客様は「24時過ぎてもへーき、へーき!」と
バー感覚で使っているらしい?です(-_-;)ヤレヤレ。。。

店内は昭和の香り漂うレトロな感じが心地いい♪
今宵のBGMは♪「さだまさし特集!」で・・
気分は“まるで昭和の場末のスナック”?! 勿論、良い意味です(^^ゞ

私は、グラスの白ワイン×2と最後に自慢のコーヒーを頂きました。
シェフは「もう1杯くらいどう?!」と誘惑していましたが
もう閉店時間過ぎてるし、引き際が肝心!と席を立つと
「じゃぁ、僕はもう少し呑んでいきまぁ~す❤」と・・(ーー゛)オイオイ!
*注)三毛猫さんは24時閉店です!!

Right guy
先日、あるお客様がポツリと言いました。
「俺は頼れる上司にはなれないかもしれないけど・・
 “Rightguy”でありたいと思っているんだ。
 常に正しい事をしてあげたいんだよね・・
 まぁ、ストーンズのキースのパクリなんだけどさ」と。

【right guy】 =頼れるヤツ、信頼できるヤツ。

良い言葉ですね・・
私も新撰組の旗印のの一文字が大好きです(^^ゞ

本当に大切に思っている人なら、どんなに衝突しても
「正しいこと」を言えるし、それが良い関係なんだと思う。

生き様も同様で、勝ち負けが問題じゃなくて・・
例え今は評価されてなくても「正しいこと」を貫いていたいものです。

そういえば、こんな事も言っていました・・
「ルフィー・一味は無理でも、ルパン・ファミリーみたいな関係って良いよね?」と・・。

私の理想は、やっぱり「近藤と土方」ですかねぇ
もしくは、上杉景勝と直江兼続の間柄とか・・
意外に“2番手タイプ”だったりして???(笑)


Janis Joplin
「最近、音楽ネタ少なくねぇ?」とお客様に御指摘されてしまい・・(-_-;)
久々にヴィンテージ・ロックの名盤を!

説明はいりませんよね?
pearl.jpg


【ジャニス・ジョプリン】の「PEARL」です。
昔はアップテンポの♪MOVE OVER 辺りがフェイヴァリットでしたが
最近ではミディアムチューンの♪ME&BOBBY McGEE なんかも好きです。

私のウンチクよりもこちらを・・
*近年のシンガーだと「superfly」がジャニスのスピリットを受け継いでいますよね(^O^)
こちらも・・

フィネス
東海地方も、ようやく梅雨明け宣言したようですね?
しばらく良い天気も続きそうですね。

さて・・昨日は七夕でした。
昼は茶道の稽古でしたので、茶杓銘は「天の川」としました。(ベタですが・・)

そして夜は、ワインのご予約を頂いていたので
前日からセレクトしてセラー内で瓶を立てておきました。

「フランスのピノでお薦めを」という事でした。
普段は、近年ヴィンテージのACブルを良く飲まれるとの事でしたので
飲み頃でフィネスのあるワインをチョイス。

s-m-1er 1998
【シャンボール・ミュジニー 1er レ・シャルム 1998】 Clavelier
クラヴリエ・・「クラブ・リエ」ちゃいます!
この造り手はコスパが非常に良く、お客様も納得の味わいです。
「蔵出し」という事もあり、コンディションの良さが反映されていました。
フィネスのあるワイン・・しかもミュジニー♪
隣に「華」があれば文句無しだったのにね~(-_-;)


小川の辺
今でこそ時代劇はやぶさかでないが
茶道を始める以前は、「チョンマゲ」に拒絶気味で・・
敬遠していた嫌いがありました。

そんな中、例外が【藤沢周平作品】でした。
過去10年で映画化されたモノは殆ど観ています。

今回の作品も、藤沢ワールドが全面に表れていました。
最後のクライマックス・シーンまでは、
失われつつある日本の美しい風景と共に、ただ静かに時間が流れています。

顔で笑って心で泣いている武士の美学・・。
じんわりと心に沁みる作品。
小川の辺


“ヤング・アードベッグ”
夏バテもぶっ飛ばす「やんちゃなアードベッグ」入荷!!

SMWS 1993-8y ガツン系が好きな方ど~ぞ!
smws-ab-8y.jpg

ど~でもいい話しですが・・
昨夜の夢は2本立てでした。
そしてどちらの夢にも、超マッカラン・クレイジーのS氏が登場!
夢の中でまでマッカランを催促されていたような・・(-_-;) 
それなのに・・・「裏切りのアイラ」でゴメンネ<(_ _)>


ブランデー女子・・増加の兆しか?!
あくまで個人的な感想なので、気のせいかも・・???

まぁ、極稀なんですが、ブランデーを所望される
若い女性のお客様が気になるこの頃・・。

バブル期のオジサマの様に「ヘネシーをミストで!」とか
「コルドンブルー水割りね!」という感じでは無くって・・(-_-;)

「香りの高いカルヴァドスを・・」
「ポールジローみたいなタイプのコニャックを・・」
など・・
それなりの拘りを感じさせるオーダーなので、
思わず、最近ブランデーって女子の間でブームなんですか?と
尋ねてしまった事もありました。*流行に疎いんで・・

別に、マニア的な感じでもなく、純粋に美味しいお酒を嗜んでいる様です。
「ウィスキーは苦手だけれど、ブランデーって凄く香りが良いから好き!」だそうです。
中々良い傾向ですね。
ブームになる事は考え難いんだけど、もっとブランデー女子が増えたら
「祝着至極でござるぅ~!」・・です(^^ゞ
(勿論メンズも大歓迎です)

ちなみに・・
当店では「自然派」のブランデーを揃えております。(種類は少ないが)
ちゃんと葡萄を感じるタイプです。
「ブランデーって甘いんでしょ?」という方・・是非、お試しあれ!


夏なんです・・
昨夜、帰り道・・
チャリで家路へと急いでいると
安倍川橋を渡る途中のガードレールに黒光りする怪しい物体?!

ゲッ!コックローチ?と良く観ると立派な角を持ったカブトムシでした!
幼少の頃の様に捕まえる気にはなれず・・・
汚れた大人になってしまったものだな・・と感じたこの頃です(>_<)

もう夏なんですね~。


108年目の新しいヤツ!
CMがヤバイくらいにカッチョイイ~「ジンジャーエール」をコンビニでゲット!
テーマソングの♪【ブランニュー・キャデラック】もイカシテます!

大人の味わいで、本格的な辛口に仕上がっています。
かなりスパイシーで辛さだけならウチのヤツよりもドライです。

カクテルの割モノにも良いんじゃないかなぁ?
wk-ga.jpg

最近のジンジャーエールって本格的で凄いですね~!
今じゃ「自家製」も珍しくないしね・・本当に便利な世の中になったものです。

「これぞ祝着の極みなり~~!」てか(^^ゞ



「お薦め」と「一番好き」
先日の深夜・・
常連のお客様と「坂の上の雲」談義に花を咲かせていますと・・
店の電話が鳴りました。

「今からそちらに伺いたいと思っているのですが
 詳しい場所を教えて頂けますか?」という内容でした。

そして電話から5分程すると扉が開きました。
「先程は・・」と紳士淑女のお二人がご来店。

とりあえずの一杯をお出しすると・・
「私は仕事柄 出張が多くてね、唯一の愉しみがバー巡りなんです」と
話して下さいました。
銀座から岐阜、九州・・と名店が名を連ねました。

相当バーがお好きのようですね、で・・今宵はどのような流れで当店へ?
とお尋ねしますと・・ 「前の店の店長さんの紹介ですよ」との事。

古い知人からのご紹介でした。

するとお連れの女性が強調するかのようにお話になりました・・

「お薦めの・・て言いかけたんですが、あえて"貴方の一番好きなバーを教えて?"と
 伺ったんです、するとこちらの名前が直ぐにでましたよ。
 “お薦め”と“好き”とでは全然違うでしょう? 
 一番好きなモノって趣味やセンスが問われるし、一番信用できる言葉だから」と・・。

何だか深い話しだなぁ~と感じ入ってしまいました。

それにしても・・くぅ~泣けるねぇ~!なんて律儀者だ!
持つべきモノは友だなぁ~と改めて思いました(T_T)

勿論、リップサーヴィスもあるかもしれないけれど・・
随分とご無沙汰している友人なので素直に嬉しかったですねぇ~。
これからもマイノリティな「良き理解者」を大切にしなきゃね~(^O^)


伝統的なジン
ノールド・ジュネヴァジン15y

ジンの故郷オランダの老舗「ノールド」が少量生産している
贅沢なジュネヴァジンです。

ジンラヴァーは勿論、焼酎派の方、ラム派の方にも
是非、お薦めしたい逸品です。

15年の熟成を堪能して頂くには、やはりストレートですね。

noord gin
*昨年の15周年の際にお客様から頂いたモノで
ちゃんと許可を頂いております・・<(_ _)>