FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



「みぶろ」と新撰組
「みぶろ」とは初期の新撰組の事で「壬生浪士」と言います。

水戸藩出身の芹沢鴨率いる集団と、多摩の百姓だった近藤勇、土方歳三
など後の新撰組の要となる集団が結成したのが壬生浪士だ。

何かと誤解が多い新撰組であるが・・
勿論、龍馬が正義で新撰組が悪という訳ではない。
「龍馬伝」の影響か・・ そう誤解している人も少なくないのでは?

新撰組のイメージは「みぶろ」時代の芹沢一派の非道ぶりが悪い印象を与えているようです。
確かに、会津藩御預り(京都守護職)になってからは、不逞浪士(テロ)を斬りまくっていたし
人斬り集団のイメージは否めませんが・・

しかしながら、「忠臣蔵」の赤穂浪士が武士の美学として語り継がれているのなら
近藤局長率いる新撰組の活躍ぶりは、もっと評価されても良いんじゃないか?と
私は想いますが・・。

新撰組の魅力は、それぞれのキャラクターが個性豊かで面白い所でしょう。
色んな町の腕に覚えがある鼻息の荒い連中が集まっているわけだから。
ちょっと前に流行ったヤンキー漫画(映画?)にも共通するものがあります(笑)


明治維新後も、最後の最後まで武士として戦って命を散らした男達の生き方は
正に最後の侍です。

まぁ、幕末という時代は観る角度で全然違いますからねぇ~
そこがまた深いところであり、魅了させられる所でもあります。

確かに「福山龍馬」は格好良過ぎでしたよね?
でもなぁ・・新撰組(局長)の扱いがあんまりでしたよねぇ(ーー゛)
ご立腹の新撰組ファンも多いはず!!

余談ですが・・
歴女で有名な「杏ちゃん」も新撰組のファンだそうですョ❤






スポンサーサイト