FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



le parrain 10th ANV
今日、出勤しますと一通のお手紙が届いていました。

差出人は、新宿3丁目の名店「ル・パラン」の本多氏だ。
なんでも今月の30日で10周年を迎えたそうです。

新宿3丁目という場所で、10年も頑なにあのスタイルを貫いていく事は
それはそれは難儀であったことでしょう・・。
心からリスペクトを捧げます<(_ _)>

私も本多さんに習って「大人の隠れ家」の象徴であるル・パランの様なバーを
静岡に根付かせるべく努力を惜しみません。

そういえば・・彼も「ラジオ」時代に茶道を3年程嗜んだという
私はまだ2年半程ですが、そちらも切磋琢磨していきたいものです。

leparrain.jpg
10周年おめでとうございます!
ル・パラン関連記事

スポンサーサイト



駿河バサラ?!
梅雨のはしりでしょうか?
嫌な天気が続きます・・

久しぶりに電車通勤しますと
駅のパンフレットやフリーペーパーが置いてある場所で
面白いものを見つけました。

【静岡 戦國 ガイドブック】
こういうの欲しかったんで、ちょっとテンション上がります(^^ゞ
徳川家康 今川義元 北条氏政・・
そして、大河【風林火山】の主人公「山本勘介」
ドラマでも静岡や山梨辺りを中心に奔走していましたね・・。

静岡に縁ある戦国バサラ達!
静岡を掘り起こそう~!(^O^)
basala.jpg



隠し剣シリーズ
秘かに時代モノ好きのソムリエS君にお借りした本です。

先日の連休中に2日半で読み切りました。
藤沢周平作品は好きで映画化されたものはほぼ観ています。

この2冊もかなり入り込んでしまい一気に読みました。
特に盲目剣谺返しは泣けました。

「勝つことがすべてではなかった。武士の一分が立てばそれでよい。」*文より抜粋 

キムタクの「武士の一分」の原作として有名ですよね?
映画版も素晴らしい作品でしたが原作の結末は更に良い。

藤沢周平の世界感といいますか・・
この時代の武士の美学や大和撫子な女性像も素晴らしい。
読み終わると涙が溢れそうになっていた。
kakusiken.jpg 




産地直送
今日、出勤しますと(店の前)七間町通りで
青空市場をやっていました。

大きなコンテナから黄色い果実を袋詰めしてる
おしさんがいたので・・
「ご苦労様です~、それニューサマーオレンジですか?」と声をかけると

伊豆のミカン農家さんのようで
「うちのは伊豆にこなきゃ食べられないよ!」とのことでした。

こうしてお話したのも何かの御縁。
一袋頂きましょう!とゲット。
生産者さんの顔を観て話を聞いて手から手へ・・良いですよね?
nso-izu.jpg

早速「今月のカクテル」にオンリストしましょうかね(^^ゞ


本日より営業いたします。
本日(21)より営業致します<(_ _)>

宜しくお願い致します。


AWAYで呑む・・
先日、久しぶりに古い友人が訪ねてくれました。

ジャズ・シンガーを志し上京して数年・・
時々、帰省の際に元気な顔を見せてくれます。
今回は幼馴染と二人でご来店でした。

久しぶりの再会でしたので話も弾み時間を忘れ語り合いました。

「もう店終わりでしょ? 3人で呑みに行こう!」と
お誘いを受け、某JAZZ居酒屋?で待ち合わせをしました。

ちゃっちゃと片付けを済まして待ち合わせの店へ向かいました。
すると一番奥のBOX席で何やら既にグループで盛り上がっています。

「こっち、こっち!」と誘われるまま席に着くと・・

「こちらはギタリストの○○さん、で、こちらはサックス奏者の○○さんで・・」
と、紹介して頂いたのはありがたいんですが、聞けば私意外は全員ミュージシャンで!?
かなりアウェーな感じでしたョ(-_-;)

しばらくご一緒させて頂きましたが、その店のお客さんもジャズ関係の方が多いらしく
来る人来る人、我々のテーブルまで挨拶に来るんです。
なにやら地元では有名な方々のようで、益々恐縮してしまいました(>_<)
まぁ、たまにはアウェーな呑みもピりッとした緊張感があって悪くないですが・・
3人で呑もう・・て言ってたんで「オイ、オイ!」て感じで焦りましたね・・。



SUMIDA BAR MAP
早くも蚊に刺されてしまいました・・
夏もそこまで来ているのでしょうか(笑)

今日、出勤すると一通のお手紙が届いていました。

先日の連休中に静岡に帰省された際、
当店にいらして下さった方からです。

墨田区にお住まいとの事で・・
【SUMIDA BAR MAP】を同封して頂きました。

このエリアといえば「スカイツリー」が話題になっていますよね。
そんな下町のバー・ホッピングも良いかもしれません。

Sさん、ご丁寧にありがとうございました<(_ _)>
「寺」の方にも伝言お伝えしますので・・。

skyytree.jpg


ブラックスワン
本日劇場公開ということで
早速出かけました。

ナタリー・ポートマンの鬼気迫る迫真の演技力に
圧倒されっぱなしでしたョ~!

主役というプレッシャーに押し潰されそうになりながらも
自分を追い込んでいく姿は、観ている方まで
胸が苦しくなります・・

あまりのプレッシャーから狂気に変わる瞬間もゾッとさせられました。

しかしながら、完璧なまでにブラックスワンを演じきったシーンは
映画史に残る名シーンではないでしょうか?

すっかり大人の女性になったナタリー・ポートマンは
もはや大女優と呼ぶべきかもしれませんね。

ブラックスワン
是非、劇場で観て頂きたい作品です。


Blue MonDay
世間ではGWも終わり、今日から現実の世界が始まりました。
“5月病”なんて言いますが・・
テンションがいまいち上がらない時期でもありますよねぇ(-_-;)

そんな時には「ヒーリング」が必要かもしれません。
非日常のラグジュアリーな空間で自分だけの時間を過ごせるのが
オーセンティック・バーの醍醐味ではないでしょうか?
大人を癒す止まり木・・それがBARです。

連休中は、県内外から色んな方がいらして下さいました。
都内のバー・テンダーの近況や、横浜のバー事情など・・
名古屋に嫁いだ古い知人も久しぶりに立ち寄ってくれました。

感じた事は全国的に震災の影響があるようでして
どこも街に活気がないと聴きました。

静岡も他人事ではありません・・
最近、ニュースを観る度ナーヴァスになってしまいます(T_T)

でも・・今こうして無事に営業出来ている事に感謝しなくてはダメですね。
こんな時だからこそ癒しが必要ではないでしょうか?
微力ではございますが「癒しの時間」をご提供できるよう精進してまいります。
私に出来る事はそれくらいですから。。

日本を元気にしなくては!






八日目の蝉
先日、話題作「八日目の蝉」を観てきました。

テーマは「母性愛」です。

共感できるか否かは賛否両論あるかと思いますが・・
なかなか胸にグッと迫るストーリーで考えさせられました。

どちらかと言えば女性に向けてのメッセージですね。
是非、劇場でど~ぞ!
八日目の蝉

追伸
「ソウルキッチン」もかなり面白かったんですが・・
私好みの「おバカ作品」ですが・・ちょっと下品かなぁ・・と(ーー゛)


London Chasing the Dream
永遠のパンクロッカー Iさんに頂いた写真集。
herbie-y.jpg
夢を追い求めて・・
herbie-y 2

“年月が流れる中、いつの日にか
一人前の写真家になることをずっと夢見ていた

ある日、地下鉄のホームで、
パンクロックバンド、ザ・クラッシュの
ジョー・ストラマーを見掛けた

恐る恐る、「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねる僕に、

「撮りたいものは総て撮るんだ
それがパンクなんだ」と彼は答え、
カメラの前に立ち止まってくれた。

その日以来、僕の写真への情熱は一層高まっていった。”


こんなコメントが添えられていた。
やっぱカッチョイイ~なぁ!
ジョーは永遠のカリスマだ。

素敵な写真集をありがとうございました。
大切にします!
魂を揺さぶる写真の数々・・感謝します<(_ _)>



「みぶろ」と新撰組
「みぶろ」とは初期の新撰組の事で「壬生浪士」と言います。

水戸藩出身の芹沢鴨率いる集団と、多摩の百姓だった近藤勇、土方歳三
など後の新撰組の要となる集団が結成したのが壬生浪士だ。

何かと誤解が多い新撰組であるが・・
勿論、龍馬が正義で新撰組が悪という訳ではない。
「龍馬伝」の影響か・・ そう誤解している人も少なくないのでは?

新撰組のイメージは「みぶろ」時代の芹沢一派の非道ぶりが悪い印象を与えているようです。
確かに、会津藩御預り(京都守護職)になってからは、不逞浪士(テロ)を斬りまくっていたし
人斬り集団のイメージは否めませんが・・

しかしながら、「忠臣蔵」の赤穂浪士が武士の美学として語り継がれているのなら
近藤局長率いる新撰組の活躍ぶりは、もっと評価されても良いんじゃないか?と
私は想いますが・・。

新撰組の魅力は、それぞれのキャラクターが個性豊かで面白い所でしょう。
色んな町の腕に覚えがある鼻息の荒い連中が集まっているわけだから。
ちょっと前に流行ったヤンキー漫画(映画?)にも共通するものがあります(笑)


明治維新後も、最後の最後まで武士として戦って命を散らした男達の生き方は
正に最後の侍です。

まぁ、幕末という時代は観る角度で全然違いますからねぇ~
そこがまた深いところであり、魅了させられる所でもあります。

確かに「福山龍馬」は格好良過ぎでしたよね?
でもなぁ・・新撰組(局長)の扱いがあんまりでしたよねぇ(ーー゛)
ご立腹の新撰組ファンも多いはず!!

余談ですが・・
歴女で有名な「杏ちゃん」も新撰組のファンだそうですョ❤