FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



檀家廻り?
今年も残すところ僅かとなりました。
ここ2,3日でぐっと師走らしい雰囲気になりました。

このところ、常連のお客様が
「もう、年内は来れそうにないから」と最後に顔を見せにいらして下さる
方が多く、店も違う意味でバタバタしてしまいます。
(ドリンクのオーダーに追われるんじゃなくてね・・
勿論、それでも有難いですが

ウチは大晦日も元旦もなく通常営業しておりますので
私的には、正月の気分はどこ吹く風・・。

正月番組や家呑みに飽きたら、是非、遊びにいらして下さい?!
皆様のご来店を心よりお待ちしております<(_ _)>
スポンサーサイト



スカッと爽快! ザッツ・エンターテイメント♪
年末らしく、華やかな映画を観てきました。
【バーレスク】です。

「コヨーテアグリー」、「シガゴ」辺りを彷彿させるエンターテイメント作品だ。

音楽もメチャ格好良くて、思わずサントラ欲しくなっちゃいます。
(多分、聴く時ないけど・・)

これぞ娯楽作の真髄といった作品でした。
アメリカン・ドリームはいつだって“ゴージャスな夢の世界へ”と誘ってくれますね。
時代はまた次のスターを生み出した・・って感じです(^^ゞ

バーレスク ←チェキラ

珠玉の名作2010
本年も沢山の作品を観ました。
その中でも特に記憶に残るエントリー作品は・・

今回は、見逃してしまったモノを
後追いでDVDで観た作品も少なくない。
例えば・・

HOT FAZZ

第9地区

しあわせの隠れ場所

BOX(袴田事件 命とは)

沈まぬ太陽

色即ぜねれいしょん

などなど・・。

しかしまぁ、今年は何と言っても「時代劇イヤー」でもありましたね?♪

必死剣鳥刺し

花のあと

獄に咲く花

13人の刺客

桜田門外の変

そして・・最後の忠臣蔵。

洋画では。。

インビクタス

プレシャス

ロビンフッド・・など。

特に、特にダントツだった作品は・・

さんざん悩みましたが(^^ゞ

やっぱり・・・・

これでしょう!

【マイネーム・イズ・ハーン】です!!

khan.jpg


この作品は、本当??っに泣かされましたョ(T_T)
160分という長い物語ですが、見る価値ありです
素晴らしい・・最高傑作!
珠玉の名作です。
本年度というか・・映画史にその名を残す名作だと私は想いました。
多くの方にお薦めしたい作品です・・是非!!

注)「最後の忠臣蔵」もかなり良かったし、
  「悪人」も感慨深い良い作品でしたね・・

さて・・皆さんの1番はありましたか?
来年も沢山の映画を観て“心の洗濯”をしたいですねぇ?。

2010年、泣いて笑って感動して・・良い刺激を沢山頂いた名作の数々・・
私の価値観で、勝手に評価させて頂きました<(_ _)>




アマレット
今日は、ランチに掛川にある「アマレット」さんへ伺いました。
101224_122656.jpg
店、全体がアンティークな造りで素敵です。

今回は、お客様の“Oさん”からお誘い頂きました<(_ _)>
ワインは、超レアな【キュヴェ・ヨシコ】をご相伴に預りました。
yosuko.jpg

昼から贅沢してしまいました(^^ゞ
イヴのランチに男同士って・・?
別にそういう関係ではありませんから!(爆)
さすがにカップルや女性が多かったですけどねぇ

Oさん御馳走様でした!


鬼軍曹
先日、ある3名のお客様がご来店しました。
テーブル席へご案内して、どうでしょうか・・1時間程ご寛ぎ頂きました。
そして帰り際、お見送りの際に、一人の男性が私に尋ねました・・

「失礼ですが・・もしかして○○中学出身じゃありませんか?」と。

は・はい・・そうですが、何処かでお会いしましたでしょうか?

「私の事、覚えていませんか、30年近くになりますか? 私は直ぐに分かりましたよ!」

もう一度、お顔を拝見すると・・

あぁ??! この人は!
忘れる訳がありません!
中学時代に体育を担当していた“泣く子も黙る鬼軍曹!”

何度ぶん殴られたかわかりませんからねぇ?。
当時、私とは犬猿の仲で、顔を合わせれば全面衝突!って感じでしたからね(-_-;)

今の時代ではあり得ないし、想像も付かないでしょうが・・
あの頃は「ビーバップ」全盛で男子生徒の3?4割がヤンキーでした。(マジだって!)
男の先生は体育会系で口よりも先に手が出る暴力教師?が沢山いましたからね。
今でいう「体罰」なんて当たり前でしたし、先輩は怖いは先生は恐ろしいはで
それはそれは、穏やかな日々とは程遠い世界でした

そんな中でも(多分)全校生徒が一番恐れていたのが
そう、この「鬼軍曹」なのです! どの先生よりも喧嘩っ早いんでねぇ?(T_T)

卒業以来ですから25?26年ぶりの再会ですね。
先生も、随分変わられていて、何というか・・
“殺気が消えた”というか・・大人になったというか・・(笑)
昔のイメージとは随分違いましたョ
(いつもジャージ上下で、夏は角刈り、冬はパンチパーマで・・どう見ても極道でした!)

今時の若者には、きっと理解できないでしょうけど・・
あれだけ本気で喧嘩した先生でしたが、不思議と嫌いではなかったなぁ・・
恨みとか全く無かったし・・今想えばビタースィートな青春だったのか

当時は本当?に御迷惑おかけしました・・今では私もそれなりにやっています。 
と、当時のヤンチャぶりを詫びると・・<(_ _)>

「そんな事ないさ!」と苦笑していました。

先生を見送った後、何故か清々しい気持になりました。
“あの悪ガキも、今じゃ一国一城の主かぁ?”
と、安心したんじゃないですかね? きっとそうに違いない。


最後の忠臣蔵
正に「燻し銀」です。
シブイ、大人の映画でした。

忠臣蔵の物語に光と影があるとすれば
この物語は紛れもなく「影」であろう。

これまでの時代劇では、
潔い散り際こそ“武士の美学”であったように
そこが醍醐味でした・・。

しかし、それだけが忠義ではなかった・・
死ぬ事以上に辛く、苦しい「忠義」があった。

その使命を成し遂げた時、そこに「報い」があった。
涙が止まりませんでした・・。

そして目に焼き付くあまりに切なすぎる結末・・。
いつまでも心に残る(年末に相応しい)素晴らしい作品です。

竹林のグリーンがとても美しく、古き良き日本の風景が描かれていました・・
このディテールの拘りも見所のひとつ。

時代劇ファンでなくてもお薦めしたい作品です。

生き残った二人の赤穂浪士の生き様を、是非、劇場でご覧下さいまし!

最後の忠臣蔵


正義とは?
先日、【ロビンフッド】観てきました♪
この手の作品は、ラッセル・クロウの真骨頂ですね。
男臭い、熱い作品でした。

本当は、この作品についての感想でも・・と思いましたが・・

1本のあるDVDを観てから、その事が頭から離れないので
そちらについて話します。

少し前に、地元のミニ・シアターで上映した作品なのですが
タイミングが合わなくて見送ってしまいましたが、
やっとレンタルが始まったので、早速借りたわけです。

その映画は【BOX 袴田事件 命とは】と言います。
私が生まれる以前、しかも地元、静岡で起きた事件の話です。

正直、この事件について殆ど知識がありませんでした。
ここ数年、TVでも報道されている「裁判員制度」ですが、
この映画を観て、人を裁くという事、ひとつの命の重さ・・
それに関わった他人の人生まで狂わせてしまうという事・・。
深く、重く、脳裏に焼き付きました。

この映画は、娯楽作としてお薦め出来るわけではありません・・正直。
でも、社会人として絶対に見るべき映画だと思います、是非。
BOX 予告
“とりシャン”しません?
?クリスマス&ニュー・イヤー スペシャル!?

JLヴェルニョン ブリュット・プルミエ・クリュ(1級)

【ジャン=ルイ・ヴェルニョン】

地域:シャンパーニュ
地区:メニル村
造り手:クリストフ・コンスタン(RM)
2シャンパーニュ


インポートは、ビオ・ワインの草分け的存在の【ラシーヌ】です。
シャンパーニュ


私たちが考えるクオリティ・シャンパーニュをあらためて考えれば
「ワインとしての基本的な資質と、シャンパーニュとしての美質を
共に備えている事が、クオリティ・シャンパーニュの必要条件です。
<美質>とは、しとやかな美しさ、エレガンスと気品ある味わいではないでしょうか。」
ラシーヌ代表:合田さんの言葉です。(テキストより抜粋)

そんなワンランク上の「クオリティ・シャンパーニュ」を期間限定で「バイ・ザ・グラス」にて提供致します

し・か・も・・お値段は通常価格の1杯 \1,000です! あり得ねぇ?
*グレードは上がっても、お値段はそのまま!

流石にこのクラスのシャンパーニュになりますと・・
本来、グラス売りなら1杯 \1500 以上は頂かなくては採算合いません
しかしながら、クリスマスと正月位は「とり(あえず)シャン(パーニュ)!」を合言葉に
美酒を味わって頂きたい!という想いで・・この度は採算度外視です

【12本限定】の入荷です、売り切れ御免!となりますのでご了承下さいませ<(_ _)>

年末年始の合言葉は「とりシャン!」で決まりです

期間:12/17(金)? *売り切れ次第終了!

尚、年末年始は休まず営業致します!(31日&元旦もやってます!)
営業時間は通常通り16:30? 23:30(LO)です。
皆様のご来店心よりお待ちしております<(_ _)>


不撓不屈
先日、DVDレンタルの旧作コーナーを物色していたら
この四文字が目に飛び込んできました。

不撓不屈

座右の銘にしたい程、魂を揺さぶる言葉です。

この作品は、全く知りませんでしたが・・

私的には、かなり良い作品だと思いました。
「沈まぬ太陽」よろしく、どんな弾圧にも屈しない生き様・・
例え、失うものがあろうとも、最後まで信念を貫く姿は感動でした

久しぶりに素晴らしい(社会派)作品に出会いました。
沢山の勇気を頂きましたョ

これが実話なのだから驚きですね!

「いやぁ?、映画って本当に良い物なんですねぇ?!」






話飲(わいん)1周年記念
昨日、15時より【話飲】さんの1周年記念パーティーに参加しました。
周年記念?って言うか、いつものウチのワイン会メンバーなんだけどね・・(-_-;)

オーナー・ソムリエの木野氏チョイスのワインは・・

泡)リッジ・ビュー“ブルームスベリー”'04

白)トラペ / アルザス・ゲヴェルツトラミネール ベブレヘム'07

赤)マルセル・ラピエール / ルカンボン '05 (ボージョレ)

赤)CH トロロンモンド(マグナムボトル&蔵出し)'79

因みに、1979は木野氏の生まれ年です。(ど?でもいいかぁ?笑)
どれも美味しく頂きました。
彼のトークも相変わらずシュールでしたね・・


美酒佳肴
今日は、昼から「旨い蕎麦を食べに行こう!」と
“兄貴”こと女性バーテンダーのHさん、“ソムリエ界の王子”ことS君
そして、“シュールなソムリエ”K君と4人で丸子にある【きしがみ】さんへ
出掛けました。

ニシンの煮付、胡麻豆腐、天ぷら盛り、厚焼き卵、穴子の握り・・
私と兄貴は、それらをアテに一杯引っかけながら愉しませて頂きました♪

そして・・
ここに来たら外せない「十割せいろ」を〆に頂きました

風情あるロケーションがまた気分を盛り上げてくれます。
紅葉、小川、古民家の集落・・東海道・・。
「これも旨さのひとつだね!」と帰りの車内で意見が一致しました。
kisigami.jpg
皆、喜んで頂けたようで、胸を撫で下ろしました
4人でしたので、色々つまみを愉しめて、昼間からちょっぴり贅沢な時間を過ごせました
また皆で出掛けたいですねぇ?。




主君を支えた二人の知将
師走です。
ちょっと気が早いですが・・
私的には、待ちに待った嬉しい朗報です

大好きな戦国武将の一人【黒田官兵衛】の物語が
遂に、新春時代劇で放映されるそうです。

厳密に言えば【竹中半兵衛】も主役の一人ですが。

戦国疾風伝 二人の軍師
?秀吉に天下をとらせた男たち?

7時間という大作だそうで・・壮大なスケールで迫ります!
キャストも豪華でビッグネームが名を連ねていますョ。

この二人の名軍師の活躍ぶりが、どんな風に描かれているのか・・
今から期待は高まるばかりです
*年末ドラマ「忠臣蔵」もチェキラ

戦国疾風伝