FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



【Good-Bar巡り】 銀座&浅草編
銀座に着いたのは夕方17時半を少し過ぎた頃でした。

先ず向かったのは、銀座駅にほど近い三笠會館だ。
1Fにある【イタリアン・バール ラ・ヴィオラ】で時間調整。

mikasa1f.jpg

本日の1杯は、スパークリングワインから♪
バールながら、バイ・ザ・グラスも充実で、泡・白・赤を含め12種類程ありますから
ワインバーとしても楽しめそうです。
?19時までの“ハッピーアワー”では、ワンドリンク+アンティパスト(フリー)
で、たったの¥1,000ですから、こちらもど?ぞ!!

さて、18時になりましたので、銀座7丁目の「兄ぃ」のバーへ・・
もう説明不要ですよね?

ginza-7bar.jpg

深呼吸をして扉を開けると・・
珍しくピアソラの幻想的なメロディが聴こえてきました。

カウンターに座り、内田さんと岸君に挨拶をして、お互いの近況報告。
ここに来ると「帰ってきた?!」という感覚があって不思議と癒されます。
ここは妙に居心地が良いんですよね

今回はカクテルを頂きました。
「ヨコハマ」をオーダーすると・・
「また難しいカクテル選ぶんだからぁ・・でも良いカクテルだよね」
とレトロなカクテル・グラスに注がれた「ヨコハマ」は最高に美味しかったですョ。
流石、兄ぃ?
短い時間でしたが、ホッコリとした愉しいひと時を過ごす事が出来ました♪



次は銀座3丁目に向かいました。。
今回、初めてお邪魔させて頂いたのは【バー・エバンス
5年程前に【ドルフィー】の田辺氏から開店のご案内を頂いて
ずっと気になっていたバーだ。

enans.jpg


とても雰囲気の良い「大人の為のバー」です。(新宿3丁目のバー?っぽくて私好みです!)
オールドボトルのコニャックで作る「サイドカー」は美味でした。

バーテンダーの澁谷氏は、柔らかい接客で物静かな方でした。
“7丁目の兄ぃ”とは、日本酒を飲みながら将棋をさす仲なのだとか・・

さて、再び銀座線に揺られ浅草へ向かいます。

最近、グッと注目されている【バー・ドラス】に伺いました。
中森氏は、先日、静岡まで遊びにいらして下さった際、当店にも寄って頂きました。
(既にブログで紹介しましたので記憶に新しいと思います。)

doras.jpg


雑誌ブルータスの表紙になったバック・バーを目の前にすると・・
やはり写真で見るよりも、ずっと素敵なバーです。

店の所々に彼の拘りを感じました。
〆に頂いた「アレキサンダー」は、正にデザートで、しっかり空気を入れ
ホイップされたフワフワした口当たりで驚きました!

このバーは、これからもっともっと全国的に知られる名店になる事でしょう。。
「 中森君、色々ありがとう! 感謝しています<(_ _)> 」

22時の「ひかり」に飛び乗り静岡へ・・
早めに帰ってこられたので、地元のバーへ。

tera.jpg


一部のお客様から「寺」とか「山」とか呼ばれているバーで「博士」ことK賀氏の店だ。
今宵ラストという事で「ホット・バター・ド・ラム」を頂きました。

“5軒目で10杯目だというのに!”
これがまた手加減なしのパンチの利いた“酔っ払いに優しくない”味わいで・・
ここが「寺」と呼ばれるだけに、これも修業なのだろうか(苦笑)


久しぶりにバー巡りをしましたが・・
志が高く、勢いがあるバーテンダー達との会話は凄く刺激になりました。
銀座、浅草と素晴らしい同志がいて幸せだと想いました。

やはり我が国の「オーセンティック・バーの文化」は誇るべき文化なのだと再認識しました。







スポンサーサイト