FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



キャタピラー
今、最も注目されているであろう作品【キャタピラー】

2010年ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した“寺島しのぶ”。
そんな華やかな話題とは程遠いこの作品は戦争の残酷さをえぐりだしている。

思わず目を背けてしまいたくなる。

正に体を張った「寺島しのぶの一人芝居」を観ているようでした。
反戦映画としてのメッセージは十分に伝わるはず・・。

キャタピラー


スポンサーサイト



第9地区
話題作第9地区やっと観ましたョ?(^O^)

どうせ「エイリアン」のパロディでしょ?と軽視していました・・・
ところが・・だ!
これが本当に呆れるほどバカらしくてグロいし・・突っ込みどころ満載ですが
それをまじめに映画にしてしまうとは!
しかも、ここまで突き抜けてバカバカしいと逆に面白いんですよねぇ?。

ありそうでなかった切り口は斬新。
個人的には「アバター」より10倍面白い作品だと思います(^O^)/

はっきり言って賛否両論あるとかと思います・・(^_^;)
大好きか大嫌いか・・貴方次第。

こんな面白い映画を見逃していたとは。。本年度最大のミスかもしれない!(笑)


“おしぼり”のサーヴィス
誠に勝手ながら
諸事情により「おしぼり」のサーヴィスを一時廃止とさせて頂きます。
*これまで「リースおしぼり」を利用していたのですが

別に“経費削減”ではありませんのでご心配なく・・


「取りあえず」という形になりますが・・
【ミニ・ハンドタオル】をご用意させて頂きましたので
しばらくの間こちらをご利用下さいませ(^^ゞ

ご迷惑おかけしますが
より良いサーヴィスを考慮しておりますので今しばらくお待ち下さい<(_ _)>



歴女
一人旅が趣味という知人が久しぶりに寄ってくれました。

旅の話から、何故一人旅が好きになったのか?という話題になりました・・

「きっかけ?大河ドラマの新撰組にハマってしまって・・それからかなぁ」

ドラマ、映画は勿論、書物も読み漁り・・
それだけで留まることなく図書館に足しげく通い資料を取り寄せたり・・
古戦場跡や縁のある場所を巡ったりと・・ウンチクも立て板に水の如く。
いつのまにか相当な“歴史マニア”になっていました。

「今までの人生で一番勉強したかも・・」というのも分かる気がします。

これが噂の「歴女」か?!(>_<)

にわか幕末ファンの私など舌を巻くばかりだ・・(-_-;)

「4?5年前の私だったらこんなもんじゃ済まなかったわよ!」と、
とどめを刺された感じ・・(T_T)

恐るべし・・歴女!

御見それ致しました・・これからは「師匠!と呼ばせて頂きまぁ?す(笑)」<(_ _)>


Americano
【アメリカーノ】といえば食前酒に最適なカクテルである。

古いレシピは、ビター・ヴェルモットとイタリアン・ヴェルモットを半々。
オールドファッションド・グラスでサーヴする。

我が国では、タンブラーにカンパリ、スウィートヴェルモットをソーダUPするレシピが主流。
これにオレンジスライスやピールをツイストすれば尚宜しい。

私も以前は「(昔の)エギュベル・ビター」や「カルパノ・プント・イ・メス」を
使っていた時期もありましたが、今は普通にスタンダードで作っている。

このカクテルのルーツには諸説あるようです・・

きっと何の関連性もないと思いますが【アメリカーノ】という古い曲があります。
アメリカ人に憧れているイタリア人を歌った曲です。

♪アメリカ人になりたいんだ、ウィスキーソーダにロッケンロー!

イタリア・ナポリで1956年頃にヒットしたナンバーです。

♪アメリカーノを聴きながら飲む「アメリカーノ」は最高です
映画リプリーでも効果的に使われていましたね♪

*カクテルの方は1920年頃には日本にもレシピが紹介されていたと言われています。


Mr.ダンディ
昨夜、某バーに久々(でもないか?苦笑)に伺いました。

カウンターには先客のダンディなお客様が一人グラスを傾けています・・

誰かと思えば・・Mさんじゃないですか!?

「そういえば・・次の勤務先、多分、長崎か熊本辺りかと・・どこか良いバー知ってる?」とMさん。

長崎ですかぁ?随分遠いですね?。
良いなぁ、長崎かぁ・・グラバー邸、亀山社中・・龍馬ですね♪
あ!っ御免なさい・・バーでしたね(^^ゞ
残念ながら九州方面は博多しか行った事がないので・・。

Mさんのような“Mrダンディ”がまた一人静岡を去るのはとても寂しく残念でなりません・・

まぁ、Mさんなら何処に行ってもしっかりアフター5を愉しめる事でしょう!
全然心配ないですって(笑)

そんな話で盛り上がり楽しい時間を過ごさせて頂きました。

さぁ、家に帰ってDVD観なきゃ・・と、家路へと急ぎました。
今更ながら華麗なる一族にハマってるんです
「沈まぬ太陽」の影響ですね?

「信念と情熱がある人間は、策謀だけの人間に負けるはずがない!」と、いう台詞がありました。
 魂を揺さぶられたシーンでした(T_T)




静岡価格?!
先日の事・・
(東京から転勤で)静岡勤務になって半年程経つお客様が唐突に言いました・・

「静岡って凄く良い環境ですよね? だってベテラン・バーテンダーの店も
 若手のカジュアル・バー並みの価格で飲めるんだから、バー好きには本当に有難いよ!」

確かにそうなんですよね。

私の知る限り、平均的に同じ枠に収まる程度ですね。
まぁ、高級な店も無い訳じゃありませんけど・・(-_-;)
どの店も「平均客単価」\2500?\3000位だと思います。

ですから我々も安心して他店を紹介する事が出来るのです。
それに年々水準も高くなっているように感じますし・・

お金の話は無粋ですね・・(^^ゞ
でも・・バーの醍醐味は、その店の空気感、非日常の世界感・・
そしてバー・テンダーの生き様にこそあると思うのです。



いざ、出航!
金沢の街を訪れたのは何年前の事だろう・・。
このブログでも紹介しましたよね?

金沢の名店【バー・スプーン】
黒いタキシードでビシッと決めたバー・テンダーが二人カウンターに立っていました。

静岡から来た事を告げると、フレンドリーに接してくれました。
とても楽しい時間を過ごした事を今でもはっきり覚えている。

そして、セカンドの若手バー・テンダー(京村氏)とこんな約束をしました・・

「僕も、いつかは独立したいと考えています」

じゃぁ、その際には必ず知らせてくれよな!

そう言って名刺交換をしたのでした。


そして・・遂にその日が来ました!
場所も古巣「バースプーン」とは目と鼻の先だ。

次に会えるのはいつか分かりませんが、陰ながら応援しています。
金沢を訪れる際には必ず伺います!

2010年9月1日(水)pm6:00 出航
金沢 片町夢館II
「Bar Cruise/クルーズ」
出航

「これからの人生という航海の中には、穏やかな時ばかりではないと思いますが、
来る荒波を乗り越えられるよう、より一層の精進をして参りたいと存じます・・」
?文より抜粋?

獄に咲く花
【獄(ひとや)に咲く花】
吉田松陰の物語みたいです。
多分「安政の大獄」の話かなぁ?
この映画、観たかったけど・・静岡では上映されなかったらしく・・
全く情報が入ってきませんでした(>_<) ガ?ン!

まぁ、DVD化されるのを気長に待つしかないかぁ
獄に咲く花


10月にDVD出るんですね?楽しみです♪有難うございました<(_ _)>
桜田門外ノ変も丁度その頃上映されるようですね(幕末きてますねぇ?笑)(^O^)


沈まぬ太陽
社会問題にまで発展した話題作 沈まぬ太陽

3時間超えの超大作ですが(-_-;)
やっと観ることができました。

国民航空(NAL)の労働組合委員長として経営陣と真っ向から対立した結果
「海外勤務」と言う名の流刑・・
カラチ→テヘラン→ナイロビ・・足掛け8年。
組織にとって目の上のこぶは邪魔な存在なのだ・・。

どんなに理不尽な扱いを受けようが「絶対に逃げない」主人公。
翻弄されながらも支え続ける家族の愛は凄いと思う。
真実とは? 正義とは? 会社とは? そんな疑問を訴えてくる作品だ。

映画【クライマーズハイ】も記憶に新しいが・・
“日航機墜落事故”から奇しくも今日で25年が経つそうです。
この出来事を風化させない為にも(フィクションですが)この映画から目を背ける事は出来ない。


'80sポップスター
多感な年頃・・想い出と共に甦る'80sポップ・・。
当時「歌番組」は唯一の娯楽だった。

“PUNK”や“Rock’nRoll”にやり場のない気持をぶつけて
レコードが擦り切れるほど聴いたものだ。

しかし・・日常の中に溶け込んでいたポップソングも青春の1ページなんだろうなぁ。
ここ数年、カヴァー・アルバム・シリーズが好評の【中村あゆみ】は当時、女性ボーカルで
好んで聴いてたシンガー。(初期のレコードも何枚か持っています)

そんな彼女が、同じく'80Sポップの名曲♪シェリーにオマージュを捧げています。

熟女の色気と大人のアプローチで迫る名曲。
懐かしさと言うより、むしろ新しさすら感じる。
年齢を重ねる事でより魅力的な輝きを増しています・・素敵です。

♪俺はあせり過ぎたのか むやみになにもかも捨てちまったけれど・・・


Kingが一番輝いていた時代
【Taking Care Of Business】..エルヴィスの座右の銘として有名だ。
かつての妻プリシラが送った言葉だそうです。
「ベストを尽くせ!」といった感じでしょうかね?

多忙な日々を送っていたエルヴィスを象徴する言葉かもしれません。
tcb tシャツ←TCBのマークが目立っているTシャツ♪

さて・・そんなエルヴィスが最も輝いていたのは
ナッシュヴィルのRCAからメジャーデビューを飾った1956年でしょう。(個人的な意見です)
*地元メンフィスのサン・レコードに残した音源も素晴らしい!

初期のエルヴィスを語る上で外せないキーワードは 【Rockabilly】でしょう。

そもそも「Rock」=ブルース「Billy」=ヒルビリーバップ(カントリー)*“田舎者の音楽”の意。
つまり、黒人の「ブルース」と白人の「カントリー」のクロスオーバーと言えます。
*このような試みは本来あり得ない事でして・・この時代では前代未聞の一大事でした
 まぁ、そこが凄い所なんですけどね・・(^^ゞ

その「Rockabilly」の要素をたっぷり堪能できる曲があります。
要素というのは・・ギャロッピングギター、スラップベース
ヒーカップ、マンブリン唱法などです♪

始めてこの映像を観た時 あまりの格好良さが衝撃的で ぶっ飛びましたね?。
Baby Let's Play House これぞRockabilly♪ マブイです(^O^)/

8月16日で33回目の命日です。 
「リメンバー・ザ・キング!」