FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
カウンターメインの小さなBarです。
大人が一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

*平日の18時迄は【HappyHour】としてNo-charge
*18時以降Charge¥500(テーブル¥600)

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 1,000~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



一見さん、いらっしゃぁ?い♪
昨夜、珍しく三組立て続けに一見のお客様が御来店されました。

何年やっていても始めてお会いするお客様は
また違った緊張感があって良い刺激になります(^^ゞ

「ゴルフ仲間に、静岡に大人が静かに呑めるバーはないのか?
と尋ねられて、探した結果ここに辿り着いたんだ・・」という方や・・

懇意にさせて頂いてるフレンチ・レストランからの御紹介でいらして下さったカップル。
なんでも浜松から、(その店に)ワインとチーズの勉強に来たそうだ。
頭が下がりますねぇ?<(_ _)>

かつて六本木の某バーに勤めていたという若いカップルもいらして下さいました。

バラエティーに富んだお客様方で新鮮でした(^^)
たまにはこんな夜も良いものです。





スポンサーサイト



インビクタス
赦し
これがキーワードになっている。

27年という長い獄中生活を余儀なくされた後の大統領マンデラ。
この屈辱を「赦し」にゆだね、変わりゆく国の行方を示していく。

ノンフィクション小説の映画化なのだが・・
この、”約束されたハッピーエンド”をどう魅せるか?
そこがイーストウッドの腕の見せ所となっている。

人種差別、政治、スポーツ。
この3つの要素を上手く利用して国を一つにまとめるという
その辺のしたたかさが、ただの美談では終わっていない。
むしろ、その発想こそマンデラのカリスマ性なんだと思う。

相容れない者同士を和解させるためには、理屈ではなく
物語が必要なのだと教えられた気がする。

マンデラを演じたモーガン・フリーマンもはまり役で説得力があります。
ラグビーチームのリーダーを演じたマッ・ドデイモンも熱い!

この物語が実話というのが凄い・・
勿論、美談で終わらせないイースト・ウッドにも脱帽だ。
インビクタス



gravity
数年前のある日曜日の夕方・・
恐る恐る店の扉を開けた女性がいました。

「ここドレスコードとかありますか? こんな格好ですけど・・」

Tシャツにデニムのラフなスタイル。

ドレスコードはありません、どうぞ・・
と、カウンター中央へ御案内しました。

聞けば、休みを利用して東京から「旧東海道を歩く会」に参加していると言う。

その日をきっかけに、彼女は時々御来店されるようになりました。
話題はもっぱら「旧東海道」の話だ。

そんなある日・・・
「実はお話が・・」と改まって名刺を差し出した。

そこには「gravity グラヴィティ」と記されていた。
新橋のバーである。

へえ??っ同業だったんですねぇ?!
そりゃぁ?人が悪いや(>_<)

新橋の店をクローズし、生まれ故郷である静岡に
移転する運びになった旨を話してくれた・・・。

都内の名店で修業をした後に、新橋に店を構えたそうだ。

実は、カクテルコンペやフレアでも知られた存在なのだと、
無知な私は、最近その武勇伝を知ったのでした(-_-;)

そんな「平野 直子さん」の新しい店が、遂に静岡にオープンします。
店名も新橋時代と同じ【gravity】だ。

場所は、JR静岡駅から北へ徒歩5?6分。
繁華街をやや外した所ながら、飲食店は多く
割と広い通りの交差点に程近い路面店で好立地といえよう。

静岡に吹いた「新しい風」に期待したい。
2月22日(月)グランドオープン♪

【gravity 】
open 17:00? 1:00 (休)日曜日
tel 054-266-5655



ハゲタカ(大森南朋)の素顔
昨夜の深夜番組で、最近大注目している俳優が出演していた。
NHKドラマ「ハゲタカ」で主演を務めて話題になった人・・
nao-omori.jpg
この人です↑
*NHKドラマ「クライマーズハイ」を観てから気になっていた人物だ。

番組のインタビューで面白い事を話していました。

例えば・・

「ラーメンは食べない。 
昔は凄く好きだったけどね・・
どこのラーメンが美味いとか・・あそこのラーメンは不味いとか・・ 
ラーメン嫌いな人ってあまりいないでしょ?
俺はラーメンに人生を振りまわされたくないから、やめたんだ!」

とか・・

「台本が真実だと思うから、原作は読まない。
台本は演じることを前提に書いているから、それを信じたい。」

とか・・


「とりあえずビールってみんな良く言うけど・・
凄く日本人的だと思う。俺も日本人だけどさ 
とりあえずって???
普通にビールは飲むけどさ・・ ”とりあえず”とは言わないな?」

「好きな音楽は、ちゃんとCDで買います!
ダウンロードはなぁ?
役者さんと会う時よりミュージシャンと会う時の方が緊張するね。
ミュージシャンに敬意を表してちゃんとCDで買いますよ!」

などなど・・

ちょっと偏屈かもしれないが・・(-_-;)

様は、世の中の常識的な事に翻弄されずに
「自分らしく生きたい」という事なのでしょう。

ビシッとした筋が1本通っていて、
言ってる事もブレていないし・・
ちゃんと自分のスタイルを確立できてるしね。

こういう拘り好きですョ私は(^O^)/
共感できる部分が沢山あって、益々目が離せません。

きっとこれからガンガンに銀幕やTVで活躍することでしょう?♪ 
チェキラ!
*現在「龍馬伝」にも出演中ですョ(*^^)v






壬生義士伝?ドラマ版?
『新撰組でいちばん強かった男』

南部藩士だった吉村貫一郎の物語。

家族を養う為、脱藩し新撰組隊士となるところから物語は始まる。

新撰組といえば・・”人斬り集団”今でいう暴力団的なイメージがありましたが・・
なかなかどうして、知れば知るほど奥が深いんですよね?。
一筋縄じゃぁ?いかないんだな・・・(^^ゞ

この【幕末】という時代は、見る角度で意味合いが全く変わりますからね(-_-;)
10時間越えの長時間ドラマなのですが、その価値のある作品だ!

主演の渡辺謙さんの熱演に心を打たれます。

愛と義理に生きた男・・吉村。

一人の男としての生き様は、やはりサムライ。
こう生きたいものだ・・と考えさせられます。
mibugisiden.jpg

日本人として、魂を揺さぶられた作品でした(T_T)





BAR STING 5ANV
今日、出勤すると1枚の葉書が届いていました。

差出人は新宿の【スティング】の深澤氏だった。
彼らしくポールニューマン演じた「ヘンリー・ゴンドルフ」の写真。

なんでも今月で5周年を迎えるという。

最近は東京に行く機会がめっきり減ったが・・また近いうちに伺いたいと思う。
3丁目のコンセプト・バーのひとつ・・スティング。

sting.jpg
5周年おめでとうございます<(_ _)>

stingは詐欺師の映画
スティングは「とどめの一撃」の意。



ゴールデンスランバー
凱旋パレード中に首相が暗殺され、宅配ドライバーの冴えない男が容疑者に
仕立てられる・・サスペンス作品。

『アヒルと鴨のコインロッカー』も記憶に新しい中村義洋監督。

ビートルズの同曲が効果的に使われ青春映画の要素も・・。

結論からいえば「面白い作品」です。

サスペンス感覚で観ていると、
ゴルゴ13みたいなキャラが出てきたり・・
ベビーフェイスな不気味な通り魔・・
いつまでも正体が分からない真犯人・・
黒幕はいったい誰なんだか???

まぁ・・突っ込み所は満載ですが!
あまり細かい所は気にしないほうがいいかもね(^^ゞ

しかしながらサスペンスを面白可笑しく遊んでいるようで笑える。

主演の堺雅人もこれまでとは異なるイケテないキャラで・・
笑っているのか泣きそうなのか分からないニヤケ顔で
必死に逃げるところも妙に可笑しくて・・・(^^)

肩の力を抜いて楽しみたい作品です。

贅沢なキャスティングにもこだわりを感じて笑えますよ(*^^)v
ハートフル青春コメディ・サスペンス?!・・・あると思います!
ゴールデンスランバー