FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



注目のSSW
YouTubeで観てから、気になって漁っています(笑)

まだ若いのに、中々良い詩を書くんですよね~
この感受性に共感!




スポンサーサイト



the flowers
少し前に出たグリムスパンキーの「ミニアルバム」に収録されている曲。

最近、やけに、この歌詞にシンパシーを覚える・・

自分が着ている服や、身の回りの雑貨・・
食べる物や、呑む酒に至るまで、全てが自分自身がチョイスしている訳で・・。

自宅の部屋を見てみれば、自分という人間が浮き彫りとなる。
「結構、妥協して生きているなぁ~」って。(笑)

突き抜けてる人って、この選択肢に妥協がないと思うんです。

それが「ブレてない」って事なんだよなぁ~。

レミちゃん、核心を突くよね~w



♫果てなく進んでいくこの瞬間は まるで終わりのない映画さ
自ら掴んでいく全てのものが過去を新しくしていくよ

僕らが歩んでいるこの日常は まるで自分だけの映画さ
この手で選んでいく全てのものが日々を輝かせてくれる♫

♪ザ・フラワーズ  byグリムスパンキー



優しく愛して・・
エルヴィスの「Love Me Tender」がドラマの主題歌に選ばれたのは、
意外にも初めての事らしい。

この曲は1956年、RCAレコードからメジャーデビューしたばかりの
エルヴィスが銀幕デビューを果たした作品の主題歌だ。

少年時代のエルヴィスは、映画が好きすぎて映画館でアルバイトをしていたらしい。
マーロンブラント、ジェームスディーンに顎かれていたという。

本音では、演技派俳優を目指したかったらしいが・・
ビジネス的には、映画で歌えば、レコードも売れるという発想で、
今で言う、アイドル主演で主題歌も歌うというセオリーを
作ったのは、悪名高いエルヴィスのマネージャー「パーカー大佐」が最初かもしれない?

不本意ながらも、銀幕では、歌って演じる二刀流という扱いは否めなかった。
しかしながら、大佐の思惑通り、映画もレコードも大ヒットだった。

エルヴィスと言えば、ロックンロールのイメージが強いかもしれないが・・
実は、バラッドやゴスペルが得意なのだ。

エルヴィスを知らない、今の若い世代が、この曲を聴いた時、
どんな風に感じるのか少し気になるかな?(笑)
勿論、自分も後追いでリアルタイムではなかった。

8月16日で、39回目の命日だ。
改めてkingの歌に耳を傾けてみよう・・

「リメンバー・ザ・キング!」





Fall
Superflyの新曲。
”Swing Rock”っぽくてカッケー♬



*スーパーフライと言えば・・敵前逃亡の、
 シーサケット、アンカハスとの統一戦は、井上尚弥には心残りか・・「違うかぁ~?」w

Easy Go
エレファントカシマシの新曲♫

カッケー!

早くフルで聴きたい!