FC2ブログ
Bar La Roche - ラ・ロシュ -
KEEP CALM & BE A GENTLEMAN 心穏やかに・・紳士らしく。
プロフィール

Author:la.roche
「心静かに寛ぐ」


カウンターメインの小さなBarです。
一人静かに自分だけの時間を過ごすには最適。

テーブルは1卓(4席)のみとなりますのでグループ向けではございません。

お食事の用意は御座いません。
食前か食後のご利用をお願い致します。

18時迄は【Coffee Hour】としてNo-charge

休み「不定休」

平日 16時~
土・日・祝 15時~

everyday 23時LO


平均単価 2000~2500
ワンショット 800~
珈琲 500~



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RISE129
今回のRISEは、豪華な顔ぶれとなった。
見所満載!

そんな中、ぶっちぎりのベストバウトは、
やはり「那須川天心」だった!

相手に何もさせず、完璧なワンサイドゲーム!
ヤバイ!



スポンサーサイト



亀田家 大復活
昨夜の、亀田 VS メディナ戦 素晴らしかった!

3年ぶりの世界戦、二階級制覇を掛けた負けられない試合だ。

序盤から亀田選手のリードのジャブが秀逸。
左の連打、上下のコンビネーション、
亀田のスピードとテクニックに何もできないメディナ。
5Rまでは完封でフルマークを付けた。

焦ったメディナは、6R以降は、距離を潰して
強引に打ち合いに誘う。

本来なら、ポイントで勝る亀田は、クレバーに
ヒットアンドウェイのアウトボクシングを貫けば
楽に戦えたが、そこは気が強い亀田は「打ち合い上等!」
後半まで、激しい攻防が続いた。

相手のペースに飲み込まれる事無く、
冷静に見せ場を作り会場を沸かせる辺りは
プロ意識が高い証拠だ。

終始、スピードとテクニックで圧倒した亀田は、
判定勝利で、日本人(現)5人目のチャンピオンとなった!
クリックすると新しいウィンドウで開きます

K-1 WGP 2018.11.3 in埼玉
今回のベストバウト!
個人的に、大和選手を応援していたので複雑な心境だが・・

久々に、強いゲーオの復活を思わせるトーナメント一回戦だ。
準決の左右田戦、決勝戦の佐々木戦と厳しいトーナメントを制したゲーオ。

ただ・・
以前の「完全無欠な強さ」は感じられなかったかな?
ムエタイの距離では、ムチのようなミドルやハイキックが真骨頂だが、
接近戦での打ち合いに「危うさ」が見え隠れする。

少し前まで、対日本人選手無敗を誇るゲーオだが・・
今の日本人選手のポテンシャルが上がった事もあって、
決して「倒せない」相手ではないと思った。

次にゲーオを倒すのは誰なのか?!



krush.94 ベストバウト
山本選手の圧勝ですね~
ミドル(三日月蹴り)からの上下に散らした連打はお見事!
相手に何もさせずに、1R KO!天晴!








WBSS バンタム級トーナメント準々決勝
昨夜の試合、本当に凄かった!
井上尚弥、強すぎて引くわ!(笑)

世界のトップファイターが8人集まったトーナメントで、
言わずと知れた強者揃い。

対戦相手パヤノ選手は、戦績が物語るスーパーチャンピオンだ。
その強敵を相手に、僅か1分の秒殺KO!
繰り出したパンチは、たったの3発だった。

サウスポーで深い半身に構え、右のジャブを多用するパヤノ。
こりゃ、懐に入るのに苦労しそうだな・・と思ったが、

井上選手は先ず、カウンターで(アッパーを)合わせ、
懐までの距離と踏み込むタイミングを完璧に見切ったようだ。

流石・・この神がかったセンスがモンスターたる所以だ。

カウンターに、時間差のワンツーで、
右ストレートを完璧に打ち抜いた。
ジャスト60秒の出来事だった!

両足を揃え「大の字」に倒れるシーンは正にマンガの世界だ。w
何なんだこれは~!

井上尚弥は、ノーダメージ&ノースウェット!

世界が震撼した出来事だった。

トーナメントに弾みをつけた井上尚弥チャンピオン。
「モンスター伝説」が世界に向けて動き出したぞ!

PFP【パウンドフォーパウンド1位】も現実に⁈
11711799.jpg 

一方、
拳四郎選手も圧勝でV4!

秀逸なリード・ジャブと、ヒットアンドウェイで
貰わずに当てるスタイルを終始貫き、前に出ようとする相手を、
上下に打ち分けた右ストレートでプレスをかける・・完璧な作戦でしたね~。

相手に全く何もさせない「ワンサイドゲーム」と言っても過言ではないでしょう!
テクニックも強さも増した拳四郎選手の防衛記録が期待される。

いや~、本当にアツイ!
両者共に天晴でした!

見逃した方必見!  ゴングから60秒 瞬き禁止!